01 細胞増殖/細胞毒性測定用試薬

Lactate Assay Kit-WST

Lactate Assay Kit-WST

乳酸測定キット

  • 製品コード
    L256  Lactate Assay Kit-WST
容 量 本体価格
50 tests ¥29,000
200 tests ¥68,000
キット内容
50 tests ・Dye Mixture
・Lactate Standard
・Enzyme Solution
・Assay Buffer
・Reconstitution Buffer
x1
150 μL x1
12 μL x1
5.5 mL x1
550 μL x1
200 tests ・Dye Mixture
・Lactate Standard
・Enzyme Solution
・Assay Buffer
・Reconstitution Buffer
x1
600 μL x1
48 μL x1
11 mL x2
2.2 mL x1

性質

Lactate Assay Kit-WST は、解糖系の代謝産物である乳酸を定量(下限値: 0.02 mmol/L )することができます。96 ウェルマイクロプレートに対応しているため多検体測定が可能です。乳酸の定量は、細胞内代謝経路の変化をモニタリングするためのマーカーの1つとしてがん研究分野では広く使われていますが、最近では幹細胞の分化や糖尿病研究においても乳酸を指標とした評価の報告が増えています。

マニュアル

はじめての抗体標識プロトコル

死細胞数を測りたい(吸光測定)

Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST を用いた細胞毒性試験の例を紹介

お役立ち情報

技術情報

乳酸の検出原理

本キットは、乳酸量に応じ発色したWSTホルマザンを吸光度測定することで、細胞培養液や細胞内の乳酸を検出することができます。またキットには乳酸(Lactate)標準液が含まれており、標準曲線を作成しサンプル中の乳酸濃度を定量することができます。

細胞内代謝活性の測定

培養上清または組織・細胞の破砕液をプレートに添加し、試薬を加えてインキュベートするだけの簡単操作です。

試薬の高い安定性

各社のStock Solutionの保存安定性と保存期間を比較

検量線の作成例

本キットのLactate Standardを用い作成した検量線からサンプル中の乳酸濃度を求めることができます。乳酸濃度が1 mmol/L以上の場合は、サンプルを希釈することで評価いただけます。

グルコース及び乳酸の測定例

グルコーストランスポーター阻害剤である Phloretin をJurkat 細胞に加えた際の代謝活性の変化をGlucose Assay Kit-WST 及びLactate Assay Kit-WST にて確認しました。

技術や使用製品に関する補足

本キット使用時の注意点:細胞数の補正をお勧めします。

マイクロプレートを用いた細胞の解析では、得られる結果がウェル中の細胞数によって変化する場合があります。その際には、細胞数のカウントやトータルタンパク質量の確認により、得られた測定値の補正(ノーマライゼーション)が必要となります。本キットでは、試薬を細胞培養液に添加するだけで、細胞内の核を染色し得られる蛍光強度から、細胞数を簡便に評価することができます。
細胞数ノーマライゼーションキットはこちらから

取扱条件

取扱条件
1.保存方法:冷蔵,遮光

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください