01 細胞増殖/細胞毒性測定用試薬

ADP/ATP Ratio Assay Kit-Luminescence

ADP/ATP Ratio Assay Kit-Luminescence

ADP/ATP比測定キット

  • 安定したADP/ATPの値が取得可能
  • 調液後、保存可能
  • 冷蔵保存(凍結融解不要)
  • 製品コード
    A552  ADP/ATP Ratio Assay Kit-Luminescence
容 量 メーカー希望
小売価格
富士フイルム
和光純薬
100 tests ¥50,000 346-09911

<使用回数の目安> 96-well plate 1枚

アプリケーションデータ追加してます!
アポトーシス誘導におけるADP/ATP比の変動
老化誘導におけるADP/ATP比の変動

キット内容
100 tests ・ATP Enzyme Solution
・ATP Substrate
・Assay Buffer
・ADP Enzyme Solution
・ADP Substrate
・ADP Dilution Buffer
20 ×l×1
×1
11 ml×1
25 ×l×1
×1
250 ×l×1

性質

通常、細胞のATP産生が低下すると、分解物であるADPから再合成され、細胞内の ATP 濃度が保たれています。しかし、ATP産生の代謝が破綻するとADPからATPを再合成できなくなりますが、細胞内のATPはADPへと変換が進むため、ADP/ATP比率が上昇します。ADP/ATP比率の変化は、アポトーシスやオートファジー等の分野だけではなく、エネルギー代謝の分野においても測定されており、代謝活性の指標の一つとして用いられます。

 本キットは、細胞内のADPとATPの比率を測定することができるキットです。まず、本キットでは細胞内ATPをホタル・ルシフェラーゼ発光法で検出します。

その後、酵素を用いて細胞内のADPをATPに変換し、同様の発光原理で検出することにより、細胞内のADP/ATP比率を測定することができます。

技術情報

既存品との比較

他社既存品との比較を下記表にまとめます。

本キットは、既存品に比べATPとADPの総量に依存せず、比率を安定的に測定することが可能です。

実験例:アポトーシス誘導した細胞のADP/ATP比測定

スタウロスポリン処理したJurkat細胞のADP/ATP比を本キットを使用しプレートリーダーにて測定しました。また、スタウロスウポリン処理によるアポトーシス誘導はAnnexin V-FITCとPI色素を用いて共焦点レーザー顕微鏡とフローサイトメーターにて検出しました。
 その結果、スタウロスポリン誘導を行った細胞群は優位にADP/ATP比が上昇しており、同細胞のホスファチジルセリン(PS)の反転と細胞膜の欠損が優位に測定され、本キットを用いてアポトーシス誘導によるADP/ATP比の変動を観察することができました。

<ADP/ATP比測定結果>

<Annexin V、PI色素の測定結果>

実験例:細胞老化誘導した細胞のADP/ATP比測定

Doxorubicin (DOX)で処理を行い細胞老化を誘導したA549細胞と未処理のA549細胞のADP/ATP比を本キットを用いて測定しました。
その結果、DOX処理を行ったA549細胞は優位にADP/ATP比が上昇することが確認でき、本キットを用いて老化誘導によるADP/ATP比の変動を観察することができました。

<ADP/ATP比測定結果>

<実験操作>
1.A549細胞を10 cmディッシュに播種
2.200 nmol/l DOXを含むDMEM培地(FBS含有)に培地交換し、37℃にて2日間インキュベート
3.細胞を回収した後、回収した細胞を96 well-plateに播種し37℃で一晩培養
4.本キットのプロトコルに従い、ADP/ATP比を測定

よくある質問

Q

1キットあたり測定可能なサンプル数を教えて下さい。

A

サンプルの測定をn=3で行った場合、32サンプルの測定が可能です。96ウェルプレートのレイアウト例については、取扱説明書をご参照下さい。

Q

測定用のプレートは白色以外のプレートを使用できますか?

A

ブラックプレートや透明プレートを用いた場合、発光強度が下がります。また、透明プレートの場合はブランクが高くなります。よって、白色プレートを推奨致します。

Q

working solutionは保存できますか?

A

本キットには4種類のworking solutionがございます。ADP working solutionは保存できないため、用時調製して下さい。その他の3種類に関して、保存条件と保存可能期間は以下の通りです。

 

保存条件

保存期間

ATP working solution

冷凍(-20℃)

30日間

ADP Substrate working solution

冷蔵(0-5℃)

30日間

ADP Enzyme working solution

冷蔵(0-5℃)

30日間

ADP working solution

保存不可

保存不可

Q

細胞数の最適化の方法を教えて下さい。

A

段階希釈した細胞をプレートに播種し、目的実験と同様の条件で培養します。その後、本キットを用いて検量線(図1参照)を作成しその結果、直線性がある範囲であり、ADP/ATP 比率(図2参照)が一定となる細胞数範囲内で測定を行って下さい。下記の例の場合、細胞数範囲は2,000~4,000 cellsとなります。

取扱条件

取扱条件
1.保存方法:冷蔵, 2.吸湿注意
お問い合わせ
価格

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください