08 ラベル化剤

Peroxidase Labeling Kit - NH2

Peroxidase Labeling Kit - NH<sub>2</sub>

抗体・タンパク質標識キット

  • 製品コード
    LK11  Peroxidase Labeling Kit - NH2
容 量 本体価格
3 samples ¥18,200

・10 μg抗体(NH2基)への標識はコチラ
・50~200 μgタンパク質(SH基)への標識はコチラ

キット内容
3 samples ・NH2-Reactive Peroxidase
・Washing Buffer
・Reaction Buffer
・Storage Buffer
・Filtration Tube
3 tubes
4 mL x1
200 μL x1
4 mL x1
3 tubes

性質

 Peroxidase Labeling Kit -NH2は、アミノ基を有する分子にペルオキシダーゼ(POD)を標識するためのキットである。NH2-Reactive Peroxidaseは、その構造内に活性エステル基を有しているため、アミノ基を有する分子と混合するだけで安定な共有結合を形成する。
 IgGのようなタンパク質をサンプルに使用する場合、POD活性や標識反応を阻害するような低分子のアジ化ナトリウムやトリスなどは、付属のFiltration Tubeを用いた前処理によって除去されるため、透析やゲルろ過などの処理は不要である。また、低分子化合物を標識する場合、未反応の低分子化合物はFiltration Tubeを用いた精製操作により除去されるため、高純度のPOD標識体を得ることができる。
 本キットには標識に必要なすべての試薬と作製したPOD標識体を保存するための溶液が含まれている。

開発元 Dojindo Molecular Technologies, Inc.

技術情報

特徴

1) 約3時間以内にPOD標識体が調製できる。
2) 高分子化合物(MW>50,000)および低分子化合物(MW<5,000)を標識できる。
3)50~200 μgのタンパク質を標識可能である。
4) NH2-Reactive Peroxidaseと混合するだけでPOD標識体を形成する。
5) Filtration Tubeを用いた分離操作により高い回収率で標識体が得られる。
6) 付属の保存溶液でPOD標識体の保存ができる。

*使用方法はプロトコル「酵素(POD, ALP)を標識したい」をご覧下さい。試料中の共存物質の影響についてはその中の「使用上の注意」の項を参照。
*市販の抗体などでゼラチンやアルブミン等を安定化剤として含む場合、それらの成分を除いてからご使用ください。
*NH2-Reactive Peroxidaseは、アルミラミジップに3本入っています。アルミラミジップを一旦開封した後は、未使用のNH2-Reactive Peroxidaseは、アルミラミジップに入れたまま、チャックをしっかりと閉め、-20℃で保存してください。NH2-Reactive Peroxidase以外は、0~5℃で保存してください。
*冷蔵保存中もしくは室温に戻した際に、フィルトレーションチューブに水滴様の液粒が見られることがあります。これはメンブランの乾燥防止剤が液粒化したもので、製品の性能に問題はございません。
*本キットには溶液の入ったマイクロチューブのコンポーネントが含まれています。チューブ内壁やキャップに溶液が付着していることがありますので、開封前に振り落としてご使用ください。

キット以外に必要なもの

・10 μL, 200 μL マイクロピペッター
・インキュベーター(37℃)
・遠心機(マイクロチューブ用)
・マイクロチューブ(標識体保存用)

反応原理

操作方法

参考文献

参考文献を表示する

1) 広田次郎, 清水眞也, "キットを用いたモノクローナル抗体への迅速・簡便なペルオキシダーゼ標識法", 動物衛生研究所研究報告, 2005111, 37.
2) A. Miyagawa-Yamaguchi, N. Kotani, and K. Honke, "Expressed Glycosylphosphatidylinositol-Anchored Horseradish Peroxidase Identifies Co-Clustering Molecules in Individual Lipid Raft Domains"PLoS ONE., 2014, 9, (3), e93054.
3) J. Zhang, D. Klufas, K. Manalo, K. Adjepong, J.O. Davidson, G. Wassink, L. Bennet, A.J. Gunn, E.G. Stopa, K. Liu, M. Nishibori, and B.S. Stonestreet, "HMGB1 Translocation After Ischemia in the Ovine Fetal Brain"J. Neuropathol. Exp. Neurol.., 2016, 75, (6), 527.
4) M. Okumura, T. Ozawa, H. Hamana, Y. Norimatsu, R. Tsuda, E. Kobayashi, K. Shinoda, H. Taki, K. Tobe, J. Imura, E. Sugiyama, H. Kishi, and A. Muraguchi, "Autoantibodies reactive to PEP08 are clinically related with morbidity and severity of interstitial lung disease in connective tissue diseases"Eur. J. Immunol.., 2018, 48, (10), 1717.
5) R. Sugisawa, G. Komatsu, E. Hiramoto, N. Takeda, K. Yamamura, S. Arai, and T. Miyazaki, "Independent modes of disease repair by AIM protein distinguished in AIM-felinized mice"Sci. Rep.., 2018, 8, 13157.
6) S. Takatsuka, T. Inukai, S. Kawakubo, T. Umeyama, M. Abe, K. Ueno, Y. Hoshino, Y. Kinjo, Y. Miyazaki, and S. Yamagoe, "Identification of a Novel Variant Form of Aspergillus fumigatus CalC and Generation of Anti-CalC Monoclonal Antibodies"Med Mycol J., 2019, 60, (1), 11.
7) T. Sasaki, K. Liu,T. Agari, T. Yasuhara, J. Morimoto, M. Okazaki, H. Takeuchi, A. Toyoshima, S. Sasada, A. Shinko, A. Kondo, M. Kameda, I. Miyazaki, M. Asanuma, CV. Borlongan, M. Nishibori, and I. Date, "Anti-high mobility group box 1 antibody exerts neuroprotection in a rat model of Parkinson's disease"Exp. Neurol.., 2016, 275, 220.
8) T. Tsumuraya, I. Fujii, M. Inoue, A. Tatami, K. Miyazaki, and M. Hirama, "Production of monoclonal antibodies for sandwich immunoassay detection of ciguatoxin 51-hydroxyCTX3C"Toxicon., 2006, 48, (3), 287.
9) W. Jin, K. Yamada, M. Ikami, N. Kaji, M. Tokeshi, Y. Atsumi, M. Mizutani, A. Murai, A. Okamoto, T. Namikaw, Y. Baba, and M. Ohta, "Application of IgY to sandwich enzyme-linked immunosorbent assays, lateral flow devices, and immunopillar chips for detecting staphylococcal enterotoxins in milk and dairy products"J. Microbiol. Methods., 2013, 92, (3), 323.
10) W.W.P.N. Weerakoon, M. Sakase, N. Kawate, M.A. Hannan, N. Kohama, and H. Tamada, "Plasma IGF-I, INSL3, testosterone, inhibin concentrations and scrotal circumferences surrounding puberty in Japanese Black beef bulls with normal and abnormal semen"Theriogenology., 2018, 114, (1), 54.
11) Y. Watanabe, Y. Kazuki, K. Kazuki, M. Ebiki, M. Nakanishi, K. Nakamura, M. Yoshida Yamakawa,H. Hosokawa, T. Ohbayashi, M. Oshimura, and K. Nakashima, "Use of a Human Artificial Chromosome for Delivering Trophic Factors in a Rodent Model of Amyotrophic Lateral Sclerosis"Mol Ther Nucleic Acids., 2015, 4, (10), e253.
12) Y.S. Kim, D.H. Jung, I.S. Lee, B.J. Pyun and J.S. Kim, "Osteomeles schwerinae extracts inhibits the binding to receptors of advanced glycation end products and TGF-β1 expression in mesangial cells under diabetic conditions"Phytomedicine., 2016, 23, (4), 388.
13) S .Kon, M. Honda, K. Ishikawa, M. Maeda and T. Segawa , Antibodies against nephronectin ameliorate anti-type II collagen-induced arthritis in mice.', FEBS Open Bio., 2019,10.1002/2211-5463.12758.

よくある質問

Q

Labeling Kitで1次抗体を直接標識する利点を教えてください。

A

はじめて抗体標識をされる方を対象としたプロトコルを作成しております。
カスタマーサポートの視点から直接標識法の利点や実施例等を記載しておりますので、ご参照下さい。
下記リンクよりダウンロード可能です。
「はじめての抗体標識プロトコル ~カスタマーサポートの視点から~」

Q

使用できるIgGの量が少量しかありませんが標識できますか?

A

本キットでは、標識に必要なIgGの量は50~200 μgとしています。
この範囲であれば性能に大きな違いはありません。

10 μgのIgGでも標識可能ですが、バックグランドの上昇などの問題が生じる可能性があります。

Q

サンプルは溶液になっていても問題ないでしょうか?

A

問題ありません。

但し、添付のFilitration tubeの容量に制限がありますので、サンプル溶液の容量は100 μl以下である必要があります。
また、サンプルの濃度が0.5 mg/mL以下(50 μg/100 μL以下)である場合は、Filitration tubeを用いてサンプル量が50~200 μgとなるようにして下さい。
溶液をFilitration tubeにいれて遠心して溶液を除く操作を行って下さい。(必要であれば繰り返す。)フィルター上に残っているサンプルの量が50~200 μgとなればよいので、改めて溶解させる必要はありません。

*注:低分子の阻害物質は最初の段階で除かれますが、高分子(分子量1万以上)の阻害物質(例;BSA、ゼラチン)は除くことが出来ません。使用前に別途除去してください。

Q

サンプル溶液中の共存物は反応に影響しますか?

A

共存物の種類により影響することがあります。
溶液中にどのような物質が含まれるかを確認の上、状況に応じてラベル化に用いるタンパク質の精製を行い、標識反応にご使用ください。

<IgGなどの高分子化合物の標識>
-高分子(1万以上)の共存物-
アミノ基をもつような化合物(例:BSA、ゼラチンなど)を含む場合、反応に影響します。また、操作で除去することも出来ません。使用前に別途除去操作を行ってください。
*反応に影響しない場合でもフィルターの目詰まりを招く場合があります。可能であれば事前に除去してください。

<低分子化合物の標識>
-高分子(1万以上)の共存物-
アミノ基をもつような化合物(例:BSA、ゼラチンなど)を含む場合、反応に影響します。
フィルトレーション操作により分離できますが、反応用と別にチューブを用意して下さい。
*反応に影響しない場合でもフィルターの目詰まりを招く場合があります。可能であれば事前に除去してください。

Q

低分子のタンパク質(分子量50,000以下)に標識する場合の方法を教えて下さい。

A

キット付属のフィルトレーションチューブは分画分子量30Kの限外濾過フィルターのため、余裕をもって50,000以上のタンパク質のご使用を推奨しております。

分子量50,000以下のタンパク質を標識される場合は、下記のような分画分子量の小さい限外濾過フィルターに変更して頂くことで、低分子のタンパク質でもラベル化可能でございます。

------------------------------------------------------------------
PALL社 ナノセップ  3K 製品No.OD003C33
PALL社 ナノセップ 10K 製品No.OD010C33 
------------------------------------------------------------------

キット同梱のフィルターを用いた場合に比べ遠心に時間を要することがございますので遠心時間はご検討下さい。

Q

どのようなものが標識できますか?

A

分子量が「5,000以下」もしくは「50,000以上」で反応性のアミノ基(NH2)を有している
化合物(抗体、蛋白質など)であれば標識できます。

分子量が「5,000以下」、「50,000以上」で操作方法が若干異なりますので、製品に添付の説明書をご覧いただき標識反応を行ってください。

Q

IgG 1分子に対して、どれくらいのPeroxidaseが標識されますか?

A

IgG 1分子に対して平均1~3分子のPeroxidaseが標識されます。

取扱条件

取扱条件
1.保存方法:冷蔵, 2.吸湿注意

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください