09 二価性試薬

BS3

BS3

架橋剤

  • 製品コード
    B574  BS3
  • CAS番号
    82436-77-9(free acid)
  • 化学名
    Bis(sulfosuccinimidyl)suberate, disodium salt
  • 分子式・分子量
    C16H18N2Na2O14S2=572.43
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
50 mg ¥17,000 348-09111

性質

アミノ基同士の架橋反応が可能な試薬である。N-ヒドロキシスクシンイミド活性エステルを分子の両端に有しており、アミノ基に対して選択的に反応するため、酵素標識体の調製や単純ハプテンを担体タンパク質に結合することが可能である。BS3はリンカー部分にアルキル鎖を有する化学構造をとる。一方、DSPおよびDTSSPは、リンカー部位にジスルフィド基が導入されていることで還元剤により容易に還元されリンカー部位の切断が可能である。また、BS3およびDTSSPは、スルホン酸基を有する活性エステル基が導入されているため、試薬を溶解するためのDMFやDMSOなど有機溶媒を用いることなく標識反応を行うことが可能である。
 

マニュアル

はじめての抗体標識プロトコル

死細胞数を測りたい(吸光測定)

Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST を用いた細胞毒性試験の例を紹介

お役立ち情報

技術情報

溶解例

10 mg/mL(水)

参考文献

参考文献を表示する

1) J. V. Staros, "N-Hydroxysulfosuccinimide Active Ester: Bis(N-hydroxysulfosuccinimide) Ester of Two Dicarboxylic Acids Are Hydrophilic, Membrane-impermeant, Protein Cross-Linkers", Biochemistry198221, 3950.
2) J. M. Salhany, R. L. Sloan and K. A. Cordes, "In Situ Cross-linking of Human Erythrocyte Band 3 by Bis8sulfosuccinimidyl)suberate", J. Biol. Chem., 1990265(29), 17688.
3) J. E. Gestwicki, C. W. Cairo, L. E. Strong, K. A. Oetjen and L. L. Kiessling, "Influencing Receptor-Ligand Binding Mechanisms with Multivalent Ligand Architecture", J. Am. Chem. Soc., 2002124, 14922.
4) S. S. Mark, N. Sandhyarani, C. Zhu, C. Campagnolo and C. A. Batt, "Dendrimer-functionalized Self-assembled Monolayers as a Surface Plasmon Resonance Sensor Surface", Langmuir200420, 6808.

取扱条件

規格
性状: 本品は、白色~殆ど白色粉末で水に溶ける。
純度(HPLC): 93.0% 以上
水溶状: 試験適合
取扱条件
1.保存方法:冷蔵, 2.吸湿注意

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください