15 比色試薬/金属指示薬

Zincon

Zincon

比色試薬/金属指示薬

  • 製品コード
    Z002  Zincon
  • CAS番号
    62625-22-3
  • 化学名
    1-(2-Hydroxycarbonylphenyl)-5-(2-hydroxy-5-sulfophenyl)-3-phenylformazan, sodium salt
  • 分子式・分子量
    C20H15N4NaO6S=462.41
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
1 g ¥4,800 340-02971
5 g ¥20,000 346-02973

性質

Zinconは亜鉛(Zinc)と銅(Copper)の比色試薬として開発され、名前もそれに由来する。その後、他の金属指示薬にも応用されようになった。
 ジンコンは多くの有機溶媒には溶けず、水、エタノールにわずかに溶ける。アルカリ性にすれば水に易溶である。酸解離定数はpKa1=7.9~8.3,pKa2=7.9~8.3,pKa3=13~14で、酸性溶液中では赤~赤紫色、中性~微アルカリ性で黄~橙黄色となり、強アルカリ性では紫色となる。pH 5~9でCo(II),Cu(II),Hg(II),Ni(II)と、pH 8.5~9.5でZn(II)と1:1の錯体を作って青色を呈する。銅錯体ではλmax=600 nm,ε=1.9×104、亜鉛錯体ではλmax=620 nm、ε=2.3×104である。アルカリ土類金属とは発色しない。
 吉村らはジンコンを用いる選択性の高いイオン交換体比色定量法を報告している。2 mol/L塩酸中から亜鉛をクロロ錯体としてアニオン交換樹脂に捕捉し、ジンコンで呈色錯体に変えて比色定量している。
 フローインジェクション分析法に応用し、1~10 μg/mLレベルの亜鉛を 80 サンプル/hrで迅速定量した報告もある。検出限界は0.05 μg/mLである。

技術情報

応用可能な金属

キレート滴定指示薬として:Ca,Cd,Hg,Pb,Zn
比色試薬として:Cu,Zn

比色条件

Zn(pH 8.5~9.5,620 nm, ε=2.3×104)

指示薬溶液調整法

0.1 gを1 mol/L NaOH 溶液 2 mLに溶かし、水で100 mLとする(1週間保存可能)。

応用例

直接滴定例
中性試料溶液100 mLにホウ酸系緩衝液5 mL、ジンコン溶液数滴を加え、EDTA・2Na溶液で滴定する。終点の変色は青→赤、完全に青味のなくなった点を終点とする。ホウ酸系緩衝液は、0.2 mol/L NaOH 40 mLと0.2 mol/L KCl,H3BO3混合液(KCl 15 g,H3BO3 12.5 gを蒸留水で1 Lにする)50 mLを混合して作る。NH3-NH4Cl系の緩衝液を用いるときは添加量を最少量にとどめ、pH 10を越えない様にする。過剰なアンモニアは終点を不明瞭にする。

溶解例


100 mg/2 mL(2%-NaOH)→100 mL(水)、130 mg/50 mL(熱メチルアルコール)

参考文献

参考文献を表示する

1) D. W. Margerum and F. Santacana, "Evaluation of Methods for Trace Zinc Determination", Anal. Chem., 1960, 32, 1157. 
2) 川瀬晃, "ホルマザン", 分析化学, 1972, 21, 578. 
3) 菅原正雄, 新山和人, 神原富民, "銅(II)-ジンコンキレート陰イオンのゼフィラミンによる抽出", 分析化学, 1973, 22, 1219. 
4) G. Ackermann and J. Kothe, "Vergleichende Untersuchung an Reagentienzur Spektralphotometrischem Bestimmungvon Zink", Talanta, 1979, 26, 693. 
5) K. Yoshimura and H. Waki, "Ion-exchanger Phase Absorptiometry for Trace Analysis", Talanta, 1985, 32, 345. 
6) M. A. Koupparis and P. I. Anagnostopoulou, "Automated Flow Injection Spectrophotometric Determination of Zinc Using Zincon: Applications Analysis of Waters, Alloys and Insulin Formulations", Analyst, 1989, 111, 1311.

取扱条件

規格
性状: 本品は、暗赤紫色粉末で水、メチルアルコール及びエチルアルコールにわずかに溶ける。
アルカリ溶状: 試験適合
メチルアルコール溶状: 試験適合
吸光度: 0.375 以上(490 nm付近)
強熱残分(硫酸塩): 15.0~25.0%
鋭敏度: 試験適合
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください