15 比色試薬/金属指示薬

Universal BT

比色試薬/金属指示薬

  • 製品コード
    U002  Universal BT
  • 化学名
    Composite preparation of BT and ammonium buffer(pH 10)
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
50 mL ¥3,400 348-02891
500 mL ¥16,800 340-02895

性質

Universal BTはBT(一般名Eriochrome Black T)を緩衝液に溶解し、検水に加えるだけですぐに金属のキレート滴定ができるように調製した指示薬溶液である。
BT は pH 10(NH3-NH4Cl 緩衝液)で用いられることが多いが、その溶液は不安定であり、Ba,Sr に対しても変色がにぶい。本品は溶液で長期間保存できるように特殊な緩衝溶液とし、Baなどにも鋭敏に変色するよう増感剤を加えてあり、現場分析などの目的には極めて便利である。A液(褐色ガラス瓶)とB液(濃青色粘稠溶液の小瓶)とからなり、混合せずそのまま保存すれば約2年、混合した後は約10ヶ月保存できる。ただ、B液(黒色瓶)は冬期凍結することがあるので、この場合は湯浴で溶解した後、A液と混合する。中性の試料水溶液約100 mLに本品1~2 mLを加えれば、pH 10となり直ちに滴定することができる。

よくある質問

Q

気温が低いとUniversal BTが凍ってしまいます。その場合は使えますか?

A

使えます。溶解してお使いください。 
黒液(B液)の方は、低温だと結晶化する有機アミンを含んでいます。
凍っている場合には「湯煎」して溶かしてお使い下さい。
 

取扱条件

規格
性状: A液は無色液体、B液は濃青色液体である。
A液:pH(25℃): 10.0~11.5
A液:金属ブランク: 試験適合
B液:吸光度: 0.100 以上(630 nm 付近)
B液:鋭敏度: 試験適合
取扱条件
1.危険物第4類 第3石油類 危険等級Ⅲ, 2.安衛法,特定化学物質,輸出令別表1輸出許可品目, 3.医薬用外劇物, 4.火気厳禁 5.保存方法:冷暗所保存
法規制毒物および劇物取締法 劇物
外国為替及び外国貿易法・輸出貿易管理令 要許可(別表1)
危険・有害
シンボルマーク
感嘆符腐食性健康有害性環境

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください