04 細胞内蛍光プローブ
14 キレート試薬

TPEN

TPEN

  • 製品コード
    T040  TPEN
  • CAS番号
    16858-02-9
  • 化学名
    N,N,N',N'-Tetrakis(2-pyridylmethyl)ethylenediamine
  • 分子式・分子量
    C26H28N6=424.54
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
100 mg ¥20,200 340-05411

性質

Quin 2-AMによる細胞内カルシウム測定の際に、亜鉛や鉄などの重金属イオンによって蛍光が消光され、カルシウム含量がみかけ上少なく評価されることが指摘されている。膜透過性にすぐれた重金属マスキング剤としてはo-フェナントロリンもあるが、蛍光性のためQuin 2錯体の蛍光測定の妨げとなる。ArslanらはQuin 2-AMによる細胞内カルシウム測定を行い、TPENが優れた重金属マスキング剤であることを明らかにした。TPENは次にあげるような特長をもっている。
1)脂溶性が高い。水にも適度に溶ける。
2)生理的条件下では荷電がない。(pKa1=2.85,pKa2=3.32,pKa3=4.85,pKa4=7.19)
3)重金属との親和性が高く、Ca,Mg との結合は無視できる。
4)紫外部吸収極大波長は260 nmにあり、波長339 nmでの励起の妨害とならない。金属イオンとの安定度定数は次の通りである。
logKMn=10.27, logKFe=14.61, logKZn=15.58, logKMg=1.7, logKCa=4.4

マニュアル

はじめての抗体標識プロトコル

死細胞数を測りたい(吸光測定)

Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST を用いた細胞毒性試験の例を紹介

お役立ち情報

技術情報

溶解例

100 mg/10 mL(ジメチルスルホキシド)、50 mg/80 mL(酢酸)

参考文献

参考文献を表示する

1) G. Anderegg and F. Wenk, "Pyridinderivate Als Komplexbildner VIII Die Herstellung Je Eines Neuen Vier- und Sechszahnigen Liganden", Helv. Chim. Acta, 1967, 50, 2330.
2) G. Anderegg, E. Hubmann, N. G. Podder and F. Wenk, "Pyridinderivate als Komplexbildner. XI). Die Thermodynamik der Metallkomplexbildung mit Bis-, Tris- und Tetrakis[(2-pyridyl)methyl]-aminen", Helv. Chim. Acta, 1977, 60, 123.
3) P. Arslan, F. Di Virgilio, M. Beltrame, R. Y. Tsien and T. Pozzan, "Cytosolic Ca2+ Homeostasis in Ehrlich and Yoshida Carcinomas A, New Membrane-Permeant Chelator of Heavy Metals Reveals That These Ascites Tumor Cell Lines Have Normal Cytosolic Free Ca2+", J. Biol. Chem., 1985, 260, 2719.
4) T. Tatsumi and H. Fliss, "Hypochlorous Acid Mobilizes Intracellular Zinc in Isolated Rat Heart Myocytes", J. Mol. Cell. Cardiol., 1994, 26(4), 471.
5) I. Sakabe, S. Paul, W. Dansithong and T. Shinozawa, "Induction of Apoptosis in Neuro-2A Cells by Zn2+ Chelating", Cell Struct. Funct., 1998, 23(2), 95.

取扱条件

規格
性状: 本品は、白色~微黄色結晶性粉末でジメチルスルホキシドに溶ける。
純度(滴定): 98.0% 以上
ジメチルスルホキシド溶状: 試験適合
融点: 110~115℃
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください