08 ラベル化剤

Sulforhodamine 101 acid chloride

Sulforhodamine 101 acid chloride

蛍光標識試薬

  • 製品コード
    S016  Sulforhodamine 101 acid chloride
  • CAS番号
    82354-19-6
  • 化学名
    1H,5H,11H,15H-Xantheno[2,3,4-ij:5,6,7-i'j']diquinoliziN-18-ium, 9-(2-sulfo-4-chlorosulfophenyl)-2,3,
  • 分子式・分子量
    C31H29ClN2O6S2=625.16
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
10 mg ¥18,000 345-05221

性質

本試薬は抗体、酵素などのタンパク質やアミノ酸に高収率で結合し強い赤色蛍光を発し、生体試料に含まれる蛍光物質の妨害を受けない(λex=568 nm, λem=590~630 nm)。また、酵素などの活性を保持したままラベル化できるという利点を有する。Sulforhodamine 101 acid chlorideによってローダミン標識されたタンパク質は、Sephadex G-25またはG-50のカラムを通し精製する。分離には通常、その後の実験に使用するbufferあるいはその希釈液が用いられる。また、Sephadex G-25をパックしたPD-10(GEヘルスケア)も簡便に使用できる。

*本製品は、二種類のスルホニルクロライド化合物を含む混合物である。

 

マニュアル

技術情報

溶解例

1 mg/mL(クロロホルム)

参考文献

参考文献を表示する

1) J. A. Titus, R. Haugland, S. O. Sharrow and D. M. Segal, "Texas Red, a Hydrophilic, Red-emitting Fluorophore for Use with Fluorescein in Dual Parameter Flowmicrofluorometric and Fluorescence Microscopic Studies", J. Immunol. Methods, 198250, 193. 
2) L. M. Smith, J. Z. Sanders, R. J. Kaiser, P. Hughes, C. Dodd, C. R. Connell, C. Heiner, S. B. H. Kent and L. E. Hood, "Fluorescence Detection in Automated DNA Sequence Analysis", Nature1986321, 674. 
3) L. E. Morrison, T. C. Halder and L. M. Stols, "Solution-phase Detection of Polynucleotides Using Interacting Fluorescent Labels and Competitive Hydridization", Anal. Biochem.1989183, 231. 
4) E. J. M. Speel, D. Lawson and A. H. N. Hopman, "Multi-PRINS: Multiple Sequential Oligonucleotide Primed in situ DNA Synthesis Reactions Label Specific Chromosomes and Produce Bands", Hum. Genet.199595, 29. 
5) S. Wiemann, Josefstegemann, D. Grothuse, A. Bosch, X. Estivill, C. Schwager, J. Zimmermann, H. Voss and W. Ansorge, "Simultaneous On-line DNA Sequencing on both Strands with Two Fluorescent Dyes", Anal. Biochem., 1995224, 117.

取扱条件

規格
性状: 本品は、紫色結晶性粉末である。
純度(TLC): 85.0% 以上
取扱条件
1.保存方法:冷凍,遮光

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください