15 比色試薬/金属指示薬

PAR

PAR

比色試薬/金属指示薬

  • 製品コード
    P003  PAR
  • CAS番号
    1141-59-9
  • 化学名
    4-(2-Pyridylazo)resorcinol
  • 分子式・分子量
    C11H9N3O2=215.21
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
1 g ¥7,600 347-02143
5 g ¥33,600 345-02144

性質

PARは主に金属の抽出比色試薬として用いられるが、キレート滴定用指示薬としても使用される。
水にわずかに溶ける(5 mg PAR/100 mL H2O, 10℃)。アルコールにも僅かに溶ける。酸性またはアルカリ性とすれば水に溶ける。酸解離定数はpKa1(NH)=3.1, pKa2(p-OH)=5.6, pKa3(o-OH)=11.9(μ=0.2)である。水溶液はpH<5.5で黄色、pH6~12.5で橙色、pH>13で赤色となる。
多くの金属イオンと有色のキレートを生成し、ゼフィラミンなどを添加すると、三元錯体としてクロロホルム等の有機溶媒に抽出できるので、抽出比色試薬として広く利用されている。選択性を持たせるためにマスキング剤として、EDTA, CyDTAなどが利用される。キレート滴定の金属指示薬としては赤紫色から黄色の鋭敏な変化を示し、PANよりも優れている。

 

技術情報

応用可能な金属

キレート滴定指示薬として :Al, Bi, Cd, Cu, Ga, Hg, In, Mn, Ni, Pb, Zn

沈殿滴定指示薬として

:MoO42-, WO42-

比色試薬として :Al, Au, Bi, Co, Cr, Cu, Fe, Hf, Ga, In, Nb, Ni, Pb, Pd, Sb, Sn, Ti, Tl, U, V, Zn

 

表 PARを用いる三元錯体抽出比色定量条件

PAR = H2L, X = ゼフィラミンなど

溶解例

25 mg/2 mL(1 mol/L-NaOH)→100 mL(水)

参考文献

参考文献を表示する

1) 岩本振武, "鉄(III),アルミニウムのキレート滴定における補助キレート化剤および緩衝剤としての酒石酸水素カリウム", Jpn. Anal., 1961, 10, 190.
2) 岩本振武, "4-(2-ピリジルアゾ)-レゾルシン(PAR)による銅の光度滴定", Jpn. Anal., 1961, 10, 189.
3) 萩原一芳, 村木勇夫, "ピリジルアゾレゾルシン(PAR)によるインジウムの吸光光度定量", Jpn. Anal., 1961, 10, 1022.
4) W. J. Geary, G. Nickless and F. H. Pollard, "The Metal Complexes of Some and Azomethine Dyestuffs Part I. Spectra in Water, and in Dioxan/Water in the Wavelength Range 320-600 mμ", Anal. Chim. Acta, 1962, 26, 575.
5) R. M. Dagnall, T. S. West and P. Young, "Determination of Lead with 4-(2-Pyridylazo)-resorcinol-I Spectrophotometry and Solvent Extraction", Talanta, 1965, 12, 583.
6) G. Pilloni and G. Plazzogna, "Spectrophotometric Determination of Diethyllead and Diethyltin Ions with 4-(2-Pyridylazo)-resorcinol", Anal. Chim. Acta, 1966, 35, 325.
7) Anderson and Nickless, "4-(2-Pyridylazo)-resorcinol(PAR)", Analyst, 1967, 92, 217.
8) L. Sommer and H. Novotna, "Complexation of Aluminium, Yttrium, Lanthanum and Lanthanides with 4-(2-Pyridylazo)Resorcinol (PAR)", Talanta, 1967, 14, 457.
9) R. Sawyer, "Determination of Dialkyltin Stabilisers in Aqueous Extracts from PVC and Other Plastics", Analyst, 1967, 92, 569.
10) 上田一正, 山本善一, 上田俊三, "4-(2-ピリジルアゾ)-レゾルシンによるマンガンの吸光光度定量", 日本化学雑誌, 1969, 90, 903.
11) 北野貢, 上田穣一, "4-(2-ピリジルアゾ)レゾルシンによる亜鉛の吸光光度定量", 日本化学雑誌, 1970, 91, 983.
12) 和田弘子, "PANおよびその類縁体の金属指示薬としての応用", Jpn. Anal., 1972, 21, 543.
13) Z. Kleckova, M. Langova and J. Havel, "Spectrophotometric Study of Complex Equilibria and Determination of Lead(II) with 4-(2-Pyridylazo)resorcinol", Collect. Czech. Chem. Commun., 1978, 43, 3163.
14) A. Rios, M. D. Luque de Castro and M. Valcarcel, "New Configuration for Construction of pH Grandients in Flow Injection Analysis", Anal. Chem., 1986, 58, 663.
15) 白土房男, 岡島義昭, 黒石忠文, 高田芳矩, "フローインジェクション分析法によるニッケル-鉄合金薄膜中のニッケルの定量", 分析化学, 1987, 36, 233.

取扱条件

規格
性状: 本品は、黄橙色~橙赤色粉末でありアルカリに溶ける。
アルカリ溶状: 試験適合
吸光度: 0.450 以上(385 nm付近)
強熱残分(硫酸塩): 1.5% 以下
鋭敏度: 試験適合
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください