10 酸化還元系発色試薬

MAOS

MAOS

酸化系発色試薬(新トリンダー試薬)

  • 製品コード
    OC11  MAOS
  • CAS番号
    82692-97-5(無水物として)
  • 化学名
    N-Ethyl-N-(2-hydroxy-3-sulfopropyl)-3,5-dimethylaniline, sodium salt, monohydrate
  • 分子式・分子量
    C13H20NNaO4S・H2O=327.37
容 量 本体価格
1 g ¥10,400

性質

N-エチル-3,5-ジメチルアニリンのN-ヒドロキシスルホプロピル誘導体である。4-アミノアンチピリン(4-AA)との酸化縮合色素の吸収極大波長は630 nmと最も長波長側にある。フェノール系の発色と比較して、1.79倍の吸収強度を示す。

技術情報

溶解例

1 g/20 mL(水)

参考文献

参考文献を表示する

参考文献

1) K. Tamaoku, K. Ueno, K. Akiura and Y. Ohkura, "New water-soluble Hydrogen Donors for the Enzymatic Photometric Determination of Hydrogen Peroxide. II. N-Ethyl-N-(2-hydroxy-3-sulfopropyl)aniline derivatives", Chem. Pharm. Bull., 1982, 30(7), 2492.

取扱条件

規格
性状: 本品は、白色~微黄桃色粉末で水に溶ける。
水溶状: 試験適合 0.020 以下(600 nm) 0.050 以下(400 nm)
モル吸光係数: 10,000 以上(257 nm付近)
pH(25℃): 8.0~10.0
水分: 2.5~8.5%
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件
1.保存方法:遮光
お問い合わせ
価格

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください