07 膜タンパク質可溶化剤

n-Octyl-β-D-thioglucoside

<i>n</i>-Octyl-β-D-thioglucoside

膜タンパク質可溶化剤

  • 製品コード
    O003  n-Octyl-β-D-thioglucoside
  • CAS番号
    85618-21-9
  • 化学名
    n-Octyl-β-D-thioglucopyranoside
  • 分子式・分子量
    C14H28O5S=308.44
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
1 g ¥5,800 349-05361
5 g ¥23,000 345-05363

性質

非イオン性界面活性剤:cmc=9 mmol/L
 n-Octyl-β-D-glucosideと同様に膜タンパク質を可溶化する際、透析により脂質及びタンパク質から容易に分離できる。酵素活性も阻害されることなく、膜タンパク質を可溶化する優れたノニオン界面活性剤である。又、n-Octyl-β-D-glucosideに比較してエステラーゼの作用を受けず安定である。さらに25~35 mmol/LでEscherichia coliの膜タンパク質の再構築においてn-Octyl-β-D-glucosideよりも良好な結果が得られている。

マニュアル

はじめての抗体標識プロトコル

死細胞数を測りたい(吸光測定)

Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST を用いた細胞毒性試験の例を紹介

お役立ち情報

技術情報

溶解例

1 g/5 mL(水)

参考文献

参考文献を表示する

1) S. Saito and T. Tsuchiya, "Characterization of n-octyl-β-D-thioglucopyranoside, a Newnon-ionic Detergent Useful for Membrane Biochemistry", Biochem. J., 1984, 222, 829.
2) T. Tsuchiya and S. Saito, "Use of n-octyl-β-D-thioglucoside, a New Nonionic Detergent, for Solubilization and Reconstitution of Membrane Proteins", J. Biochem., 1984, 96, 1593.
3) T. Shimamoto, S. Saito and T. Tsuchiya, "Value of Heptyl-β-D-Thioglucoside, a New Nonionic Detergent, in Studies on Membrane Proteins", J. Biochem., 1985, 97, 1807.
4) H. Itami, Y. Sakai, T. Shimamoto, H. Hama, M. Tsuda and T. Tsuchiya, "Purification and Characterization of Membrane-bound 5'-Nucleotidase of Vibrio parahaemolyticus", J. Biochem., 1989, 105, 785.
5) M. Kai, T. Yano, H. Tamegai, Y. Fukumori and T. Yamanaka, "Thiobacillus ferrooxidans Cytochrome c Oxidase: Purification, and Molecular and Enzymatic Features", J. Biochem., 1992, 112, 816.
6)H. Mori and K. Ito, "Biochemical Characterization of a Mutationally Altered Protein Translocase: Proton Motive Force Stimulation of the Initiation Phase of Translocation", J. Bacteriol., 2003, 185, 405.
7)T. Sakai, T. Matsuyama, T. Nishioka, C. Nakayasu, T. Kamaishi, K. Yamaguchi and T. Iida, "Identification of Major Antigenic Proteins of Edwardsiella Tarda Recognized by Japanese Flounder Antibody", J. VET. Diagn. Invest., 2009, 21, 504.
8)K. A.-Manya, H. Manya, A. Nakajima, M. Kawakita and T. Endo, "Physical and Functional Association of Human Protein O-Mannosyltransferases 1 and 2", J. Biol. Chem., 2006, 281, 19339.

よくある質問

Q

cmc(臨界ミセル濃度)はタンパク質可溶化にどのように関係するのですか。

A

界面活性剤はcmc以上の濃度でないとミセルを形成しません。
 その濃度以上でないとタンパク質の可溶化も出来ません。
タンパク質を可溶化する場合、最終濃度がcmc以上となるように調製する必要があります。
 
 一方、タンパク質を可溶化した溶液からこの界面活性剤を除去するときにもcmcは重要となります。
透析を例として説明します。ミセルは界面活性剤の集合体ですが、ミセルを形成することで一つの大きな分子として振る舞います。
 ミセルを形成している場合、ミセルは透析膜を通過出来ません。
よって、cmcが比較的大きい分子ほど、モノマーの状態の比率が高くなる傾向がありますので、透析により簡単に除去できます。
 cmc以下に希釈すれば透析はさらに容易になるため、cmcが高いほど低い希釈率で透析ができます。
 
下記に同仁販売製品一覧およびcmc値を示します。ご参照ください。
http://www.dojindo.co.jp/download/det/det1.pdf

取扱条件

規格
性状: 本品は、白色粉末で水、アルコール等に溶ける。
純度(GC): 98.0% 以上
水溶状: 試験適合 0.120 以下(280 nm)
吸光度: 0.130 以下(400 nm)
比旋光度(20℃): -46.0ocm2deg-1 以下
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件
1.保存方法:冷蔵

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください