07 膜タンパク質可溶化剤

n-Octyl-β-D-glucoside

<i>n</i>-Octyl-β-D-glucoside

膜タンパク質可溶化剤

  • 製品コード
    O001  n-Octyl-β-D-glucoside
  • CAS番号
    29836-26-8
  • 化学名
    N-Octyl-β-D-glucopyranoside
  • 分子式・分子量
    C14H28O6=292.37
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
250 mg ¥3,800 340-05031
1 g ¥7,400 346-05033
5 g ¥26,800 344-05034
25 g ¥Request

性質

非イオン性界面活性剤:cmc=25 mmol/L
 膜タンパク質を可溶化する試薬として、ポリオキシエチレンエーテル型のノニオン界面活性剤が用いられているが、cmc値が低いことと、タンパク質との強い親和力のため可溶化混合物から、膜タンパク質それ自身を単離することが困難である。これに反し、n-Octyl-β-D-glucosideは透析により、脂質及びタンパク質から容易に分離でき、酵素活性も阻害されることなく、膜タンパク質を可溶化する優れたノニオン界面活性剤である。
 ATPase や NADH 脱水素酵素などの膜結合酵素を研究するための有用な試薬である。

使用方法は、プロトコルP-10「膜タンパク質等を可溶化したい」をご覧いただきたい。

マニュアル

はじめての抗体標識プロトコル

死細胞数を測りたい(吸光測定)

Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST を用いた細胞毒性試験の例を紹介

お役立ち情報

技術情報

溶解例

1 g/5 mL(水)

参考文献

参考文献を表示する

1)A. Levitzki, "Reconstitution of Membrane Receptor Systems", Biochim. Biophys. Acta, 1985, 822, 127. 
2)S. Horiuchi, K. Takata and Y. Morino, "Characterization of a Membrane-Associated Receptor from Ratsinusoidal Liver Cells That Binds Formaldehyde-Treated Serum Albumin", J. Biol. Chem., 1985, 260, 475. 
3)H. Tokuda, K. Shiozuka and S. Mizushima, "Reconstitution of Translocation Activity for Secretory Proteins from Solubilized Components of Escherichia coli", Eur. J. Biochem., 1990, 192, 583. 
4)K. Kameyama and T. Takagi, "Micellar Properties of Octylglucoside in Aqueous Solutions", J. Colloid Int. Sci., 1990, 137, 1. 
5)M. Nishikawa, F. Komada, Y. Uemura, H. Hidaka and S. Shirakawa, "Decreased Expression of Type II Protein Kinase C in HL-60 Variant Cells Resistant to Induction of Cell Differentiation by Phorbol Diester", Cancer Res., 1990, 50, 621. 
6)H. Tokuda, J. Akimaru, S. Matsuyama, K. Nishiyama and S. Mizushima, "Purification of SecE and Reconstitution of SecE-dependent Protein Translocation Activity", FEBS Lett., 1991, 279, 233. 
7)MJ Newman, DL Foster, TH Wilson and HR Kaback, "Purification and reconstitution of functional lactose carrier from Escherichia coli", J. Biol. Chem., 1981, 256, 11804.    
8)J. R. Wright, D. F. Zlogar, J. C. Taylor, T. M. Zlogar and C. I. Restrepo, "Effects of endotoxin on surfactant protein A and D stimulation of NO production by alveolar macrophages", Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol, 1999, 276, L650. 
9)Y. Okamoto, J. Morishita, K. Tsuboi, T. Tonai and N. Ueda, "Molecular Characterization of a Phospholipase D Generating Anandamide and Its Congeners", J. Biol. Chem., 2004, 279, 5298. 
10)K. Tsuboi, Y.-X Sun, Y. Okamoto, N. Araki, T. Tonai and N. Ueda, "Molecular Characterization of N-Acylethanolamine-hydrolyzing Acid Amidase, a Novel Member of the Choloylglycine Hydrolase Family with Structural and Functional Similarity to Acid Ceramidase", J. Biol. Chem., 2005, 280, 11082.
11)N. Takaya, D. Yamazaki, H. Horiuchi, A. Ohta and M. Takagi, "Intracellular chitinase gene from Rhizopus oligosporus: molecular cloning and characterization", Microbiology, 1998, 144, 2647.
12)S. Kozaki, Y. Kamata, T.-i. Nishiki, H. Kakinuma, H. Maruyama, H. Takahashi, T. Karasawa, K. Yamakawa and S. Nakamura, "Characterization of Clostridium botulinum Type B Neurotoxin Associated with Infant Botulism in Japan", Infect. Immun., 1998, 66, 4811.

よくある質問

Q

cmc(臨界ミセル濃度)はタンパク質可溶化にどのように関係するのですか。

A

界面活性剤はcmc以上の濃度でないとミセルを形成しません。

 その濃度以上でないとタンパク質の可溶化も出来ません。
タンパク質を可溶化する場合、最終濃度がcmc以上となるように調製する必要があります。

 一方、タンパク質を可溶化した溶液からこの界面活性剤を除去するときにもcmcは重要となります。
透析を例として説明します。ミセルは界面活性剤の集合体ですが、ミセルを形成することで
一つの大きな分子として振る舞います。
 ミセルを形成している場合、ミセルは透析膜を通過出来ません。
よって、cmcが比較的大きい分子ほど、モノマーの状態の比率が高くなる傾向がありますので、
透析により簡単に除去できます。
 cmc以下に希釈すれば透析はさらに容易になるため、cmcが高いほど低い希釈率で透析ができます。

下記に同仁販売製品一覧およびcmc値を示します。ご参照ください。
http://www.dojindo.co.jp/download/det/det1.pdf

Q

n-Octyl-β-D-glucosideはβ-グルコシダーゼで加水分解されますか?

A

加水分解されます。

そのため、β-グルコシダーゼが入っている可能性のある試料を扱う場合には注意して下さい。

なお、n-Octyl-β-D-thioglucosideはβ-グルコシダーゼでは加水分解されません。試料中の

β-グルコシダーゼによる加水分解が気になる場合にはn-Octyl-β-D-thioglucosideのご使用

もご検討下さい。

取扱条件

規格
性状: 性状:本品は、白色粉末で吸湿性が強い。 水、アルコール等に溶ける。
純度(GC): 98.0%以上
水溶状: 試験適合 0.025以下(400 nm) 0.300以下(280 nm以下)
比旋光度(20℃): -32.0~-29.0ocm2deg-1
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件
1.保存方法:冷蔵

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください