02 酸化ストレス関連試薬

NOC 5

NOC 5

NO検出関連試薬

  • 製品コード
    N380  NOC 5
  • CAS番号
    146724-82-5
  • 化学名
    1-Hydroxy-2-oxo-3-(3-aminopropyl)-3-isopropyl-1-triazene
  • 分子式・分子量
    C6H16N4O2=176.22
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
10 mg ¥11,800 347-06881
50 mg ¥43,100 343-06883

性質

    NOCは、Keeferらにより開発されたNOドナーである。いずれもジアミン、あるいはトリアミンにNOが2分子付加した形をとっており、これがバッファー中でその分子特有の速度で放出される。1モルの分子から、2モルのNOが放出されるため、既存のNOドナーに比べ、大量のNOを自発的に発生させることができる。
     NOCのNO発生速度は溶液のpHが低くなるほど速く(NOCは不安定となる)、逆に強アルカリ性ではかなり安定であるので、実験に用いる際には、まずNOCを所定量秤り取り、0.1 mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液に溶解して、その一定量をサンプルバッファー中に添加してやればよい。NO発生は、事実上中性のバッファー(サンプル溶液)に添加された時点から開始される。
     NOCは固体状態では安定であるが、長期保存には冷凍が必要である。また、若干の吸湿性があり、吸湿により劣化するので、使用時には完全に室温に戻してから開封すること。なお、溶液はできれば用時調製が望ましい。

マニュアル

はじめての抗体標識プロトコル

死細胞数を測りたい(吸光測定)

Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST を用いた細胞毒性試験の例を紹介

お役立ち情報

参考文献

参考文献を表示する

1)J. A. Hrabie, J. R. Klose, D. A. Wink and L. K. Keefer, "New Nitric Oxide-releasing Zwitterions Derived from Polyamines.", J. Org. Chem., 1993, 58, 1472.
2) K. Hayashi, N. Noguchi and E. Niki, "Action of Nitric Oxide as a Antioxidant Against Oxidation of Soybean Phosphatidylcholine Liposomal Membrane", FEBS Lett., 1995,370, 37.(Noc 12)
3) S. Shibuta, T. Mashimo, A. Ohara, P. Zhang and I. Yoshiya, "Intracerebroventricular Administration of a Nitric Oxide-releasing Compound, NOC-18, Produces Thermal Hyperalgesia in Rats", Neurosci. Lett., 1995, 187, 103. (Noc 18)
4) N. Yamanaka, O. Oda and S. Nagao, "Nitric Oxide Released from Zwitterionic Polyamine/NO Adducts Inhibits Cu2+-induced Low Density Lipoprotein Oxidation", FEBS Lett., 1996, 398 , 53.
5) D. Berendji, V. K-Bachofen, K. L. Meyer, O. Grapenthin, H. Weber, V. Wahn and K.-D Kroncke, "Nitric Oxide Mediates Intracytoplasmic and Intranuclear Zinc Release", FEBS Lett., 1997, 405, 37.
6) T. Ohnishi, T. Ishizaki, F. Sasaki, S. Ameshima, T. Nakai, S. Miyabo and S. Matsukawa, "The Effect of Cu2+ on Rat Pulmonary Arterial Rings", Eur. J. Pharmacol., 1997, 319, 49. (Noc 7)
7) Y. Adachi, K. Hashimoto, N. Ono, M. Yoshida, M. Suzuki-Kusaba, H. Hisa and S. Satoh, "Renal Effect of a Nitric Oxide Donor, NOC 7, in Anethetized Rabbits", Eur. J. Pharmacol., 1997, 324, 223. (Noc 7)
8) Y. Minamiyama, S. Takemura and M. Inoue, "Effect of Thiol Status on Nitric Oxide Metabolism in the Circulation", Arch. Biochem. Biophys., 1997, 341(1), 186.

よくある質問

Q

NOCとNORは両方ともNO発生剤として使用されますが、どう違うのですか?

A

構造的には全く異なるタイプのNOドナーです。
性能の違いとしては


【NOC】
高水溶性
水溶液での調製が容易(NaOH溶液)
NOCは高pH(アルカリ性)ほどNO放出が遅くなる。

半減期は(37℃、pH7.4)
NOC7(5min) > NOC5(25min) > NOC12(100min) > NOC18(21hrs)

【NOR】
比較的水溶性が低い
有機溶媒(DMSO)溶液の方が安定に扱える。
経口投与が可能である。
NORは低pH(酸性)ほどNO放出が遅くなる。

半減期は(37℃、pH7.4)
NOR1(1.8min) > NOR3(30min) > NOR4(60min) > NOR5(20hrs)

Q

NOC類を使用する際は、何に溶解して使用すればよいのでしょうか?

A

溶解するNOCよりも高濃度の水酸化ナトリウム水溶液などの
強アルカリ水溶液に溶解してストック溶液としてください。(0.1 M-NaOH等をご使用ください)

NO発生は事実上中性バッファー(サンプル溶液)に添加された時点から開始されます。
生理食塩水などの緩衝作用のないものでは、NOはきれいに放出しませんのでご注意ください。

*用時調整してください。

Q

NOC5の溶解性を教えてください。

A

NOCs、NORsの溶解性は以下の通りです。

*注意*
NOCsは水にも溶けますが、ストック液の調整は「アルカリ性溶液」で行ってください。
アルカリ性溶液では安定ですが、中性の水では溶解直後からNOの放出が始まります。
pHが下がるに従い分解(NO放出)は早くなります。

取扱条件

規格
性状: 本品は、白色粉末でアルカリに溶ける。
純度(HPLC): 90.0% 以上
取扱条件
1.保存方法:冷凍,遮光

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください