08 ラベル化剤

NBD-F

NBD-F

HPLC用誘導体化試薬

  • 製品コード
    N020  NBD-F
  • CAS番号
    29270-56-2
  • 化学名
    4-Fluoro-7-nitrobenzofurazan
  • 分子式・分子量
    C6H2FN3O3=183.1
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
50 mg ¥9,400 342-04751
100 mg ¥15,800 348-04753

性質

NBD-Fは、HPLC用誘導体化試薬として第一、第二アミン及びアミノ酸などの蛍光誘導体化に使用される。
いずれの化合物も一定条件下で反応する(弱アルカリ性下, 60℃, 1分間)。
反応生成物は安定で、強い蛍光を発する。励起波長、蛍光波長は比較的長波長である(λex=470 nm, λem=530 nm)。NBD-F はこの特性を利用して、アミンやアミノ酸を蛍光ラベル化し、HPLC分析を行うことができる。

 

応用例
・試薬
  NBD-F
  EDTA・2Na
  50 mmol/L ホウ酸緩衝液 (pH8.0)
  50 mmol/L HCl

・誘導化条件
 <試薬の調製>
  NBD-F(100 mmol/L)溶液(-20℃冷凍保存)
   本品 18.3 mg をアセトニトリルに溶解し1 mLとする。
 <誘導化>
  1)一定量のサンプルを20 mmol/LのEDTA・2Naを含む50 mmol/Lホウ酸緩衝液(pH=8.0*) に溶解する。
    * サンプル溶液のpHは8.0から大きくずれないように注意する事。
  2)その0.3 mLを反応バイアルにとり、これにNBD-F溶液を0.1 mL添加する。
  3)密封して攪拌し60℃、1分間加熱後、氷水で冷却する。
  4)冷却後、50 mmol/L HClを0.4 mL加える。
  5)HPLC分析

技術情報

溶解例

10 mg/mL(エチルアルコール)、10 mg/mL(アセトニトリル)

参考文献

参考文献を表示する

1) K. Imai and Y. Watanabe, "Fluorimetric Determination of Secondary Amino Acids by 7-fluoro-4-nitrobenzo-2-oxa-1,3-diazole", Anal. Chim. Acta, 1981, 130, 377.
2) Y. Watanabe and K. Imai, "High-Performance Liquid Chromatography and Sensitive Detection of Amino Acids Derivatized with 7-fluoro-4-nitrobenzo-2-oxa-1,3-diazole", Anal. Biochem., 1981, 116, 471.
3) Y. Watanabe and K. Imai, "Pre-column Labelling for High-performance Liquid Chromatography of Amino Acids with 7-fluoro-4-nitrobenzo-2-oxa-1,3-diazole and Its Application to Protein Hydrolysates", J. Chromatogr., 1982, 239, 723.
4) T. Toyo'oka, Y. Watanabe and K. Imai, "Reaction of Amines of Biological Importance with 4-fluoro-7-nitrobenzo-2-oxa-1,3-diazole", Anal. Chim. Acta, 1983, 149, 305.
5) Y. Watanabe and K. Imai, "Liquid Chromatographic Determination of Amino and Imino Acids and Thiols by Postcolumn Derivatization with 4-Fluoro-7-nitrobenzo-2,1,3-oxadiazole", Anal. Chem., 1983, 55, 1786.
6) Y. Watanabe and K. Imai, "Sensitive Detection of Amino Acids in Human Serum and Dried Blood Disc of 3 mm Diameter for Diagnosis of Inbornerrors of Metabolism", J. Chromatogr., 1984, 309, 279.
7) H. Miyano, T. Toyo'oka and K. Imai, "Further Studies on the Reaction of Amines and Proteins with 4-fluoro-7-nitrobenzo-2-oxa-1,3-diazole", Anal. Chim. Acta, 1985, 170, 81.
8) 鈴木博文, 藤原茂, 秋本恒一, 杉本功, "4-フルオロ-7-ニトロベンゾ-2-オキサ-1,3-ジアゾールをプレカラム誘導体化試薬に用いる高速液体クロマトグラフィーによる血しょう中フェニルプロパノールアミンの蛍光定量", 分析化学, 1986, 35, 283.
9) H. Kotaniguchi, M. Kawakatsu, T. Toyo'oka and K. Imai, "Automatic Amino Acid Analysis Utilizing 4-fluoro-7-nitrobenzo-2-oxa-1,3-diazole", J. Chromatogr., 1987, 420, 141.
10) K. Imai, E. Ueda and T. Toyo'oka, "High-Performance Liquid Chromatography with Photochemical Fluorimetric Detection of Tryptophan Based on 4-fluoro-7-nitrobenzo-2-oxa-1,3-diazole Total Protein Amino Acid Analysis", Anal. Chim. Acta, 1988, 205, 7.
11) K. Imai, Y. Tsukamoto, S. Uzu, S. Kanda, T. Toyo'oka, Y. Tachiiri and S. Fujiwake, "Dynamic Analytical Chemistry: A Trial Study of the Interaction of Fluorogenic Reagents with Living Chinese Hamster Ovary Cells", Anal. Chim. Acta, 1989, 233, 299.
12) 今井一洋, "生命機能の分子認識と補足の高精密化に関する分析化学的研究", 薬学雑誌, 2003, 123, 901.
13) C. Nakamura, Y. Inuyama, H. Goto, I. Obataya, N. Kaneko, N. Nakamura, N. Santo and J. Miyake, "Dioxin-binding Pentapeptide for Use in a High-sensitivity On-bead Detection Assay", Anal. Chem., 2005, 77, 7750.

よくある質問

Q

アミノ基のラベル化剤でNBD-Cl,NBD-Fがありますが、どう違うのですか?

A

反応性が違います。

NBD-Fの方が反応性が高いので緩やかな反応条件でラベル化が出来ます。
あまり熱をかけたくないなどという場合はNBD-Fの方が良いと思われます。

Q

NBD-Fのラベル化条件のところでEDTA・2NAが使用されていますが これは何故使用しているのですか?無くても反応には問題無いでしょうか?

A

アミノ酸の種類によっては金属イオンが存在すると誘導化がうまくいかない例があるようです。
・T.Toyo'oka,et.al., Biomed.Chromatogr.,1,15-20(1986)

そのため、金属イオンとキレートを作るアミノ酸を蛍光ラベル化する時にはEDTAを共存させて金属を隠ぺいしてしまう必要があります。

カタログで紹介している分析例はアミノ酸のものですのでEDTAをいれる操作方法になっています。
金属イオンが存在しなければEDTAは必要ありませんので、対象次第では入れなくても結構です。

取扱条件

規格
性状: 本品は、淡黄色粉末でエチルアルコールに溶ける。
純度(HPLC): 99.0% 以上
エチルアルコール溶状: 試験適合
融点: 52~57℃
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件
1.保存方法:冷凍,遮光

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください