08 ラベル化剤

NAM

NAM

HPLC用誘導体化試薬

  • 製品コード
    N018  NAM
  • CAS番号
    49759-20-8
  • 化学名
    N-(9-Acridinyl)maleimide
  • 分子式・分子量
    C17H10N2O2=274.27
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
10 mg ¥10,800 343-04764

性質

目黒らにより開発された蛍光ラベル化剤でSH基をもつ化合物と反応して強い蛍光を発する。
この反応は水溶液中pH3~10の広範囲でほぼ定量的に進行し、HPLC分析により1 pmolのシステインが検出可能である。
(λex=365 nm、λem=435~440 nm)

技術情報

溶解例

12.5 mg/50 mL(ジオキサン)

参考文献

参考文献を表示する

1) Y. Nara and K. Tuzimura, "Synthesis of N-(9-Acridinyl)maleimide, a Fluorometrical Reagent for Thiol Compounds", Agr. Biol. Chem., 1978, 42, 793.
2) T. Yagi, H. Kagamiyama and M. Nozaki, "A Sensitive Method for the Detection of Aspartate: 2-Oxoglutarate Aminotransferase Activity on Polyacrylmide Gels", Anal. Biochem., 1981, 110, 146.
3) 目黒煕, 高橋裕明, "食品中のSH化合物のトレースキャラクタリゼーション", ぶんせき, 1981, 899.
4) 高橋裕明, 吉田隆典, 目黒煕, "高速液体クロマトグラフィーによるチオール化合物のポストカラムけい光分析法", 分析化学, 1981, 30, 339.
5) H. Meguro, C. Takahashi, S. Matsui and H. Ohrui, "A Novel Fluorometry of Sulfite with High Specificity", Anal. Lett., 1983, 16, 1625.
6) H. Tanno, T. Suzuki, H. Meguro, N. Esaki, H. Tanaka and K. Soda, "Assay of L-Methionineγ-Lyase with N-(9-Acridinyl)Maleimide", Agr. Biol. Chem., 1985, 49, 1517.
7) K. Akasaka, T. Suzuki and H. Meguro, "A Fluorometric Assay of L-Aspartate:2-Oxo-Glutarate Aminotransferase in Human Serum with N-(9-Acridinyl)Maleimide", Anal. Lett., 1985, 18, 357.
8) K. Akasaka, H. Ohrui, H. Meguro and T. Suzuki, "Fluorometric Determination of Sulfite with N-(9-Acridinyl)-Maleimide for High Performance Liquid Chromatography", Agr. Biol. Chem., 1986, 50, 1139.
9) K. Akasaka, T. Suzuki, H. Ohrui and H. Meguro, "Fluorometric Determination of Sulfites in Rainwater", Anal. Sci., 1986, 2, 443.
10) K. Akasaka, T. Suzuki, H. Ohrui, H. Meguro, Y. Shindo and H. Takahashi, "9-Bromomethylacridine a Novel Fluorescent Labeling Reagent of Carboxylic Group for HPLC", Anal. Lett., 1987, 20, 1581.
11) K. Akasaka, H. Matsuda, H. Ohrui, H. Meguro and T. Suzuki, "Fluorometric Determination of Sulfite in Wine by N-(9-Acridinyl)Maleimide", Agr. Biol. Chem., 1990, 54, 501.
12) T. Kamata, K. Akasaka, H. Ohrui and H. Meguro, "A Sensitive Fluorometric Assay of Glutathione Reductase Activity with N-(9-Acridinyl)Maleimide", Anal. Sci., 1993, 9, 867.

よくある質問

Q

NAMの使用例を教えてください

A

酵母抽出物のシステイン検出例を紹介します。

この方法は次の論文からの抜粋となります。

H. Nishiuchi, et al., "A Rapid and Precise Method to Determine Cysteine Content in Food materials using

4-(aminosulfonyl)-7-fluoro-2,1,3-benzoxadiazole", Food Sci. Technol. Res., 2011, 17(4), 341-346.

(1)準備するもの

 ・サンプル溶液 : 酵母抽出物を0.25 mol/l 酢酸ナトリウム緩衝液(10 mmol/l EDTA含有、pH4.0)に溶解したもの。

・NAM溶液 : 1 mmol/l NAM/アセトン溶液

(2)サンプル溶液と同量のNAM溶液を混合し、20分40℃で反応させる。

(3)反応後5分以内に、0.45 μmフィルターでろ過し、HPLCでの分析に用いる。

(4)HPLC条件

 ・溶離液:10 mmol/l酢酸ナトリウム緩衝液(pH6.0) /  メタノール =63 : 37

 ・インジェクト量:10 μl

・流速:1.0 ml/ min

・カラム:Inertsil ODS-3 column(5 μm, 4.6 mmφ×250 mm; ジーエルサイエンス)

・温度:40℃

 ・検出:420 nm(励起360 nm)

・リテンションタイム:13.34 min

取扱条件

規格
性状: 本品は、黄色結晶性粉末でジオキサンに溶ける。
純度(HPLC): 96.0% 以上
ジオキサン溶状: 試験適合
融点: 240~275℃(分解)
モル吸光係数: 12,600 以上(362 nm付近)
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件
1.保存方法:冷蔵

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください