08 ラベル化剤

MDB

MDB

HPLC用誘導体化試薬

  • 製品コード
    M021  MDB
  • CAS番号
    81864-15-5
  • 化学名
    1,2-Diamino-4,5-methylenedioxybenzene, dihydrochloride
  • 分子式・分子量
    C7H10Cl2N2O2=225.07
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
50 mg ¥10,600 347-05541
100 mg ¥15,400 343-05543

性質

o-フェニレンジアミン(OPD)はα-ケト酸と反応してキノキザリノン誘導体を与え蛍光を示す。原らは11種の芳香族ジアミン類についてピルビン酸との発蛍光反応を比較検討し、1,2-ジアミノ-4,5-メチレンジオキシベンゼン(MDB)が反応性及び感度において優れていることを見出した(λex=367 nm, λem=445 nm)。
 α-ケトグルタル酸、ピルビン酸、p-ヒドロキシフェニルピルビン酸など10種類のα-ケト酸を良好に分離でき、そのHPLC検出限界は数fmol/10 μLのオーダーに達している。MDBはOPDの150倍の感度を有している。

応用例
・試薬
  MDB
  Na2S2O4(Sodium dithionite)
  2-メルカプトエタノール
  25 mmol/L 硫酸

・誘導化条件
 <試薬の調製>
  MDB(7 mmol/L)溶液(6℃冷蔵保存) 
   本品15.8 mg, Na2S2O4 48.8 mg, 2-メルカプトエタノール735 μL
   蒸留水に溶解し10 mLとする。
 <誘導化>
  1)シアリルルイスXを水に溶解する。
  2)その200 μLを反応バイアルにとり、これにMDB溶液200 μL添加する。
  3)密封して60℃、2.5時間加熱後、氷水で冷却する。
  4)HPLC分析。

N-Acetylneuraminic acid(NANA), N-Glycolyl-neuraminic acid(NGNA)も同様にしてラベル化出来るが、生体試料をサンプルとする場合、前処理が必要である。生体試料5 μLをスクリューバイアルにとり、25 mmol/L希硫酸溶液200 μLを加え80℃で1~24時間反応し、生体物質を加水分解する。これにMDB溶液を添加して反応を行う。

 

 

技術情報

溶解例

100 mg/10 mL(水)、100 mg/10 mL(メチルアルコール)

参考文献

参考文献を表示する

1) M. Nakamura, S. Hara, M. Yamaguchi, Y. Takemori and Y. Ohkura, "1,2-Diamino-4,5-methylenedioxybenzene as a Highly Sensitive Fluorogenic Reagent for α-Keto Acids", Chem. Pharm. Bull.198735, 687. 
2) S. Hara, Y. Takemori, M. Yamaguchi, M. Nakamura and Y. Ohkura, "Fluorometric High-Performance Liquid Chromatography of N-Acetyl-and N-Glycolylneuraminic Acids and Its Application to Their Microdetermination in Human and Animal Sera, Glycoproteins, and Glycolipids", Anal. Biochem.1987164, 138. 
3) S. Hara, M. Yamaguchi, Y. Takemori, T. Yoshitake and M. Nakamura, "1,2-Diamino-4,5-methylenedioxybenzene as a Highly Sensitive Fluorogenic Reagent for α-Dicarbonyl Compounds", Anal. Chim. Acta, 1988215, 267. 
4) S. Arakawa, H. Wakazono, H. Ishihara and S. Tejima, "N-Acetylneuraminic acid and N-Glycolylneuraminic acid in Glycopeptides of Colonic Tumor and Mucosa in Rats Treated with Carrageenan and 1,2-Dimethylhydrazine", Biochem. Biophys. Res. Commun.1989159, 452. 
5) T. Yoshitake, S. Hara, M. Yamaguchi, M. Nakamura, Y. Ohkura and S. Gorog, "Measurement of 21-Hydroxycorticosteroids in Human and Rat Sera by High-performance Liquid Chromatography with Fluorimetric Detection", J. Chromatogr., 1989489, 364. 
6) M. Yamaguchi, J. Ishida, T. Yoshitake and M. Nakamura, "Determination of Prednisolone and Prednisone in Plasma by Liquid Chromatogrphy with Fluorescence Detection" , Anal. Chim. Acta1991242, 113. 
7) T. Kremmer, M. Boldizsar, S. Vegh, E. Paulik and E. Olah, "Application of HPLC Methods to the Determination of Biochemical Tumor Markers", Biochim. Clin.199216, 995. 
8) S. M. Lawerence, K. A. Huddleston, L. R. Pitts, N. Nguyen, Y. C. Lee, W. F. Vann, T. A. Coleman and M. J. Betenbaugh, "Cloning and Expression of the Human N-Acetylneuraminic Acid Phosphate Synthase Gene with 2-Keto-3-deoxy-D-glycero-D-galacto-nononic Acid Biosynthetic Ability", J. Biol. Chem.2000275(23), 17869.

取扱条件

規格
性状: 本品は、白色~微桃白色結晶性粉末で水に溶ける。
純度(滴定): 98.0% 以上
水溶状: 試験適合 0.020 以下(400 nm)
メチルアルコール溶状: 試験適合 0.040 以下(400 nm)
融点: 243~261℃(分解)
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件
1.保存方法:冷凍,遮光

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください