20 機能性有機材料

11-Hydroxy-1-undecanethiol

11-Hydroxy-1-undecanethiol

Self Assembled Monolayer(SAM)研究用試薬

  • 製品コード
    H337  11-Hydroxy-1-undecanethiol
  • CAS番号
    73768-94-2
  • 化学名
    11-Hydroxy-1-undecanethiol
  • 分子式・分子量
    C11H24OS=204.37
容 量 本体価格
10 mg ¥14,400

性質

<Hydroxy type>
末端にヒドロキシル基を有するアルキルチオールはSAM表面への非特異的吸着を抑制する効果があることから、他のアルキルチオールやジスルフィドと混合SAMを形成させることにより、生体関連物質の高感度検出に利用されている。Herneらは、アルキルチオールを導入した一本鎖DNAと6-Hydroxy-1-hexanethiolを用いて混合SAMを作製することで、一本鎖DNAのみを用いた時に比べ非特異的吸着が抑制されることを報告している1)。 
混合SAMを作製する場合、アルキル鎖長の異なるものを使用すると均一性が悪くなることが知られている。混合SAMに用いる場合は、アルキル鎖を揃えてご利用いただきたい。

技術情報

溶解例

10 mmol/L 以上(Methyl alcohol, Chloroform, Ethyl alcohol, Dichloromethane, Tetrahydrofuran, Dimethyl sulfoxide, Dimethyl formamide), 1 mmol/L 以上(Hexane).

参考文献

参考文献を表示する

1) T. M. Herne and M. J. Tarlov, "Characterizathion of DNA Probes Immobilized on Gold Surfaces", J. Am. Chem. Soc.1997, 119, 8916.

よくある質問

Q

SAMsとはどのようなものですか?

A

固体表面に種々の分子が自発的に高密度・高配向な分子膜を形成することを自己組織化(Self-assemble:SA)といい、形成された単分子膜を自己組織化単分子膜(Self-Assembled Monolayers:SAMs)といいます。

Q

SAMsを形成するための基板の浸漬条件を教えてください。 (溶媒・溶液安定性・濃度・浸漬時間など)

A

溶媒や濃度、および浸漬時間に制限はありませんが、条件により膜の配向や密度に影響を与えます。目的に応じて調整、検討を行ってください。
下記にこれまで報告されている浸漬条件の一例を示します。

(1)溶媒
チオール類が溶解し、それらと化学反応しないものが使用可能です。エタノールを使用した報告例が比較的多くみられます。
必要に応じて蒸留したものや、溶液中の溶存酸素を除去するために不活性ガス(窒素ガスまたはアルゴンガス)でバブリングしたものを使用します。
また、末端NHSエステル型などは、アルコール類やアミン類およびチオール類と反応する恐れがあり、溶媒中の水で分解する恐れもありますので、脱水した溶媒を使用するなど、試薬によっては使用時に注意が必要な場合があります。

(2)溶液安定性
溶媒中の溶存酸素によるチオールからジスルフィドへの酸化や水分による分解が考えられるため、溶液の用時調整をお勧めします。
チオール溶液保存中に生成する副生成物は主にジスルフィドです。

(3)濃度
数μ~数10μmol/Lで一般的に行われています。

(4)浸漬時間
数10分~数時間。
濃度にもよりますが、チオール類の吸着は比較的短時間でもかなり飽和吸着に近い形で吸着しますが、その後ゆっくりと時間をかけて配向性が高くなると言われています。

取扱条件

規格
性状: 本品は、白色~微黄白色結晶性粉末である。
純度(GC): 98.0% 以上
取扱条件
1.保存方法:冷凍, 2.窒素置換

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください