03 分子生物学関連試薬
13 生化学用緩衝剤

EPPS 分子生物学用

EPPS 分子生物学用

生化学用緩衝剤

  • 製品コード
    GB80  EPPS 分子生物学用
  • CAS番号
    16052-06-5
  • 化学名
    3-[4-(2-Hydroxyethyl)-1-piperazinyl]propanesulfonic acid
  • 分子式・分子量
    C9H20N2O4S=252.33
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
20 g ¥5,800 347-08341

性質

EPPSはグッド緩衝剤(Good's buffer:グッドバッファー)の一つで、生化学分野で広く使用されている代表的な緩衝剤である。
EPPS 分子生物学用はDNase,RNase試験(不検出)、エンドトキシン試験(試験適合)を行なっており、かつ純度99.5%以上を保証したものである。
水によく溶け、2.5 mol/L(0℃)で飽和する。pKa=8.0、pH7.5~8.5の緩衝液を作るのに適する。
一般規格の製品をご要望の場合には、同仁コード:GB09 EPPSをご覧いただきたい。

技術情報

溶解例

12.62 g/50 mL(水)

取扱条件

規格
性状: 本品は、白色結晶性粉末で水に溶ける。
純度(滴定): 99.5% 以上
水溶状: 試験適合 0.040 以下(320 nm)
乾燥減量(110℃): 0.40% 以下
強熱残分(硫酸塩): 0.10% 以下
重金属(Pbとして): 0.0005% 以下
鉄(Fe): 0.0005% 以下
RNase: 不検出
DNase: 不検出
エンドトキシン: 試験適合
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件
1.保存方法:冷蔵

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください