04 細胞内蛍光プローブ

GEDTA(EGTA)

GEDTA(EGTA)

キレート試薬

  • 製品コード
    G002  GEDTA(EGTA)
  • CAS番号
    67-42-5
  • 化学名
    O,O'-Bis(2-aminoethyl)ethyleneglycol-N,N,N',N'-tetraacetic acid
  • 分子式・分子量
    C14H24N2O10=380.35
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
5 g ¥3,600 348-01311
25 g ¥10,200 346-01312
100 g ¥30,600 348-01314

性質

グリコールエーテルジアミン四酢酸(EGTAとも略する)。EDTAにくらべて有機溶媒(DMF)には幾分溶けやすい。そのキレート生成定数はEDTAとあまり変わりないが、金属によってかなりの特異性があるので滴定用試薬としてCd, Zn混合試料中のCdの選択滴定や、Ca, Mg共存下のCaを選択的に滴定できる。そのほか電位滴定、濾紙クロマトグラフィーにおける展開液への添加、酵素活性、生体膜、筋肉における生理機構の研究など生化学試薬として用途が広い。

マニュアル

はじめての抗体標識プロトコル

死細胞数を測りたい(吸光測定)

Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST を用いた細胞毒性試験の例を紹介

お役立ち情報

参考文献

参考文献を表示する

参考文献

1) C. L. Luke and M. E. Campbell, "Photometric Determination of Magnesium in Electronic Nickel", Anal. Chem. , 1954, 26, 1778. 2) F. S. Sadek, R. W. Schmid and C. N. Reilley, "Visual EGTA Titration of Calcium in Thepresence of Magnesium", Talanta, 1959, 2, 38. 
3) R. A. Burg and H. F. Conaghan, "Chelometric Determination of Calcium and Magnesium in Minerals", Chem. Anal. 196049, 100. 
4) C. D. Dwivedi, K. N. Munshi and A. K. Dey, "Photometric Determination of Gallium, Indium, and Thallium Employing 4-(2-Pyridylazo)resorcinol", Chem. Anal.1966, 55, 13. 
5) F. W. Czech and M. J. McCarthy, "Determination of Acetyl Peroxide in Aqueous Systems Containig Peracetic Acid and Hydrogen Peroxide", Chem. Anal., 196655, 11. 
6) R. Pribil and V. Vesely, "Contributions to the Basic Problems of Complexometry-XX Determination of Calcium and Magnesium", Talanta196613, 233. 
7) 伊藤敦子, 上野景平, "ヒドロキシナフトールブルー(HNB)指示薬を用いるカルシウム、マグネシウムの連続キレート滴定", Jpn. Anal.197019, 393. 
8) 丸山工作, "筋収縮の研究とキレート剤の役割", Dojin News198118, 1. 
9) T. Tatsumi and H. Fliss, "Hypochlorous Acid Mobilizes Intracellular Zinc in Isolated Rat Heart Myocytes", J. Mol. Cell. Cardiol.199426(4), 471. 
10) H. Ohata, Y. Ujiki and K. Momose, "Confocal Imaging Analysis of ATP-Induced Ca2+ Response in Individual Endothelial Cells of the Artery in Situ", Am. J. Physiol.,1997272(6), 1980. 
11) I. Sakabe, S. Paul, W. Dansithong and T. Shinozawa, "Induction of Apoptosis in Neuro-2A Cells by Zn2+ Chelating", Cell Struct. Funct.199823(2), 95.

よくある質問

Q

溶解方法について教えて下さい

A

遊離酸の形ですので、そのままでは水にほとんど溶解しません。
アルカリ水溶液(例えば 0.1N NaOH)を用いて溶解後、試薬水溶液を調製しご使用下さい。

GEDTAがアルカリによって中和される形になり、溶解していきます。
GEDTA1モルに対して、アルカリ2モル程度で完全に溶け、そのときにpHは5~6程度となります。

取扱条件

規格
性状: 本品は、白色結晶性粉末でアルカリに溶ける。
純度(滴定): 97.0% 以上
アルカリ溶状: 試験適合
強熱残分(硫酸塩): 0.10% 以下
重金属(Pbとして): 0.001% 以下
鉄(Fe): 0.001% 以下
取扱条件

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください