03 分子生物学関連試薬

ES/iPS Differentiation Monitoring Kit - Human Endoderm

ES/iPS Differentiation Monitoring Kit - Human Endoderm

内胚葉分化モニターキット

  • 製品コード
    ES01  ES/iPS Differentiation Monitoring Kit - Human Endoderm
容 量 本体価格
96 tests ¥95,000
キット内容
96 tests ・Coated 96-well Strip Plate
・Standard
・Reagent A
・Reagent B
・Washing Buffer
・Storage Buffer
・Substrate Solution
・Plate Seal
×1
×1
×1
×1
×1
0.5 mL ×1
10 mL ×1
×3

性質

胚性幹細胞または多能性幹細胞(ES/iPS細胞)は、三胚葉(内胚葉、中胚葉、外胚葉)を経由し様々な細胞へ分化する。本キットを用いて培養上清中のマーカータンパク質を検出することで、ES/iPS細胞から分化した内胚葉細胞の分化度を測定することができる。このマーカータンパク質は内胚葉マーカーであるSox17、Foxa2二重陽性細胞率と相関する。本キットでは培養上清中のマーカータンパク質をELISA(Enzyme-Linked ImmunoSorbent Assay)法により検出するため、細胞を損なわず継続培養しながら分化の状態をモニターすることが可能である。また、多検体の測定に用いることができるので、分化誘導剤などの薬剤スクリーニングにも有用である。

本製品は熊本大学発生医学研究所との共同研究成果です。

技術情報

  

 図 ヒトiPS細胞を用いた分化日数毎の培養上清中のマーカータンパク質量(A)と内胚葉細胞の割合(Sox17, Foxa2二重陽性細胞) (B)の関係
 (A)分化日数毎の培養上清中のマーカータンパク量(ng/mL)
 (B)分化日数毎の内胚葉細胞の割合(%)

参考文献

参考文献を表示する

H. Iwashita, N. Shiraki, D. Sakano, T. Ikegami, M. Shiga, K. Kume, S. Kume, PloS ONE., 2013, 8(5): e64291.
 

よくある質問

Q

0.2 mol/L 硫酸の調製方法を教えてください。

A

純水に濃硫酸を加え、0.2 mol/L 硫酸に希釈してください。
濃硫酸に純水を加えると飛散する恐れがあり危険ですので、ご注意ください。

例)95% 濃硫酸から、0.2 mol/L 硫酸を10 mL 調製する場合
   純水8 mL に 95% 濃硫酸112 μL 加えた後、純水で全量を10 mLにして下さい。

Q

Stop Solution を添加し反応停止後、すぐに測定しないといけませんか?

A

Stop Solution を添加後、1時間以内に吸光度を測定して下さい。
時間が経つと発色が弱くなっていきます。

Q

培養上清サンプルを数日分まとめて測定したいと思います。サンプルの保存は可能ですか?

A

冷凍での保存は可能です。
培養上清をそのまま-20℃で保存した際、1ヶ月間は測定値に変化がなかったという実績がございます。

取扱条件

取扱条件
1.危険物第4類 第3石油類 危険等級Ⅲ, 2.火気厳禁 3.保存方法:冷蔵

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください