08 ラベル化剤

DTPA anhydride

DTPA anhydride

キレート標識試薬

  • 製品コード
    D033  DTPA anhydride
  • CAS番号
    23911-26-4
  • 化学名
    Diethylenetriamine-N,N,N',N",N"-pentaacetic acid, dianhydride
  • 分子式・分子量
    C14H19N3O8=357.32
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
1 g ¥9,200 344-05171
5 g ¥28,600 340-05173

性 質

DTPA anhydrideはタンパク質の遊離アミノ基と容易に反応する。得られたDTPA付加体は金属イオンとキレートを作る。がん抗体をDTPA修飾した後、放射性111Inをキレートさせれば放射活性な抗体となる。これを生体内にインジェクトするとがん部位に選択的に集積させることができる。この方法はシンチカメラを用いた画像診断の研究用途に用いられている。使用法は以下の通りである。
 重炭酸塩緩衝溶液でpH7とした抗体溶液(0.3 mg/20 ml)へ0.7~0.9 mgのDTPA無水物を加え、1分間攪拌した後、Sephadex-G50ゲルろ過カラムで遊離DTPA及び結合DTPAを分離精製する。
 酢酸緩衝溶液でpH6とし、111Inをキレートさせて放射性ラベル化を行う。結合、精製を含めて1時間程度の短時間でラベル化は終了する。
 その他に高分子修飾剤としての応用例もある。井上らはキトサンにDTPAを導入した金属イオン吸着剤を調製した。ニッケル・コバルトの分離および軽希土類金属相互の分離に優れた性能を示している。

技術情報

溶解例

1 g/[3 mL(水)+2 mL(3 mol/L-NaOH)]
1 mg/mL(ジメチルスルホキシド)

参考文献

参考文献を表示する

1) 佐々本一美, 前田浩, "ヨウ素化法に代わる蛋白質の新しい放射能標識法", Dojin news198738, 10.
2) W. C. Eckelman, S. M. Karesh and R. C. Reba, "New Compounds: Fatty Acid and Long Chain Hydrocarbon Derivatives Containing a Strong Chelating Agent", J. Pharm. Sci.1975, 64, 704. 
3) B. A. Khaw, J. T. Fallon, H. W. Strauss and E. Haber, "Myocardial Infarct Imaging of Antibodies to Canine Cardiac Myosin with Indium-111-Diethylenetriamine pentaacetic acid", Science1980209, 295. 
4) D. J. Hnatowich, W. W. Layne and R. L. Childs, "The Preparation and Labeling of DTPA-Coupled Albumin", J. Appl. Radiat. Isot.198233, 327. 
5) D. J. Hnatowich, W. W. Layne, R. L. Childs, D. Lanteigne, M. A. Davis, T. W. Griffin and P. W. Doherty, "Radioactive Labeling of Antibody: A Simple and Efficient Method", Science1983220, 613. 
6) C. F. Meares and D. A. Goodwin, "Linking Radiometals to Proteins with Bifunctional Chelating Agents", J. Protein Chem. , 19843, 215. 
7) 佐々本一美, "Bifunctional Chelating Reagent -癌診断への応用-", Dojin news198533, 12. 
8) A. Canfi, M. P. Bailey and B. F. Rocks, "Fluorescent Terbium Chelates Derived from Diethylenetriaminepentaacetic Acid and Heterocyclic Compounds", Analyst, 1989,114, 1405. 
9) C. H. Paik, K. Yokoyama, J. C. Reynolds, S. M. Quadri, C. Y. Min, S. Y. Shin, P. J. Maloney, S. M. Larson and R. C. Reba, "Reduction of Background Activities by Introduction of a Diester Linkage between Antibody and a Chelatein Radioimmunodetection of Tumor", J. Nuclear Medicine198930, 1693. 
10) D. J. Hnatowich, "Recent Developments in the Radiolabeling of Antibodies with iodine, Indium, and Technetium", Semi. Nucl. Medicine199020(1), 80. 
11) 河内秀明, "LH-RH 誘導体 マイクロカプセル型徐放性製剤 酢酸リュープロレリンLeuprorelin acetate", ファルマシア, 199228, 1360. 
12) 前田正敏, 二本松博子, 川腰利之, 庄司美樹, 本田昂, "111In, 125I 標準モノクローナル抗体17-1Aのヒト膵臓癌 HuP-T4担癌マウスにおける体内動態", Radioisotopes199241, 308. 
13) 井上勝利, 大渡啓介, 吉塚和治, 新原隆司, 馬場由成, 喜納兼勇, "カルボキシメチル化キトサンの金属イオンの吸着特性", 分析化学, 199342, 725.

取扱条件

規格
性状: 本品は、微黄色~微黄褐色粉末でジメチルスルホキシドに溶ける。
純度(滴定): 99.0% 以上(DTPAとして)
アルカリ溶状: 試験適合
融点: 175~188℃(分解)
IRスペクトル: 試験適合
NMRスペクトル: 試験適合
取扱条件
1.吸湿注意

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください