19 その他の生化学、分析用試薬

DTNB

DTNB

分析用試薬: SH 基の検出

  • 製品コード
    D029  DTNB
  • CAS番号
    69-78-3
  • 化学名
    5,5'-Dithiobis(2-nitrobenzoic acid)
  • 分子式・分子量
    C14H8N2O8S2=396.35
容 量 本体価格
1 g ¥5,200

性質

DTNBはチオール基を比色定量する試薬で、イールマン試薬と呼ばれる。DTNBはSH基が存在するとSH基の量に相当する量のS-S結合が切れて、安定な5-Mercapto-2-nitrobenzoic acidを生成する。この生成したチオールの吸光度(λmax=412 nm、ε=1.55×104)からSH基を定量する。しかもこのチオールの吸収極大波長は、DTNBの吸収(λmax=325 nm)とほとんど重ならないので、未反応のDTNBが残っても測定に支障とはならない。
なお、亜硫酸イオン(SO3-)も同様の反応を起こすので、共存する場合には妨害イオンとなるが、共存しない条件ではSO3-の比色試薬としても使用できる。
DTNBの至適pHは7以上の弱アルカリ性であるが、弱酸性でのチオール基の測定には、類似化合物である2-PDS、4-PDSが使用できる。

 

技術情報

応用可能な物質

生体試料中の微量SH基の検出、比色定量

溶解例

1 g/100 mL(エチルアルコール)、198.2 mg/100 mL(50 mmol/Lリン酸buffer、 pH7.2)

参考文献

参考文献を表示する

参考文献

1) 向山光昭, "酸化還元系によるペプチドの新しい合成反応", 有機合成化学, 1971, 29, 848. 
2) 今村寿明, "イールマン試薬およびその類似試薬による生体内SHおよびSO32-, S2-, CN- の定量法", ドータイト生化学ニュース, 1972, 3, 2. 
3) D. R. Jenke and D. S. Brown, "Determination of Cysteine in Pharmaceuticals via Liquid Chromatography with Postcolumn Derivatization", Anal. Chem., 1987, 59, 1509.
 

よくある質問

Q

DTNBを用いたSH基の定量方法を教えてください。

A

下記に一例を示します。
 ・G.L.Ellman, Arch. Biochem. Biophys., 82, 70 (1959).より。

【試薬】
 ・DTNB溶液:DTNB 39.6 mg をリン酸緩衝液(pH7.0)10 mLに溶解する。
 (グッド緩衝液やトリス緩衝液でも良い)

【操作方法】
 1.SH基を含む未知試料溶液3.0 mL にリン酸緩衝液(pH8.0)2.0 mLと蒸留水5.0 mLを加える。
 2.(1)の液から3 mLを採取し、DTNB溶液 0.02 mLを加える。
 3.一定時間後(1時間など)、412 nmで測定する。

*注意事項*
 ・SH基に対して必ずしも選択的ではない。SO32-,S2-と同様の反応を示し、CN-などは妨害する。
 ・有機溶媒(アセトンなど)が共存すると吸光度が著しく変化する。
 ・pH7以下では正しい値を得ることが出来ないので注意する。

取扱条件

規格
性状: 本品は、淡黄色結晶性粉末でエチルアルコールに溶ける。
エチルアルコール溶状: 試験適合 0.195 以下(420 nm)
りん酸緩衝液溶状: 試験適合
モル吸光係数: 12,000 以上(305 nm付近)
融点: 237~247℃(分解)
乾燥減量(105℃): 1.0% 以下
強熱残分(硫酸塩): 0.10% 以下
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください