14 キレート試薬

DTPA

DTPA

キレート試薬

  • 製品コード
    D022  DTPA
  • CAS番号
    67-43-6
  • 化学名
    Diethylenetriamine-N,N,N',N'',N''-pentaacetic acid
  • 分子式・分子量
    C14H23N3O10=393.35
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
1 g ¥4,400 347-01141
5 g ¥14,600 345-01142

性 質

水には溶けにくい。キレート安定度定数はCyDTAについで大きく、キレート滴定においては Ba2+, Sr2+に対しても明瞭な終点が得られる。また錯化力が強くマスキング剤としても有用である。
金属の抽出に用いた報告では、pH5.3の条件下でAl, Fe, Mn, Zn, Cu, Cd, Niを土壌中から抽出する試薬として、DTPAと EDTA-OHが最も有効な試薬であるとしている。

技術情報

溶解例

1 g/10 mL(1 mol/L-NaOH)→50 mL(水)

参考文献

参考文献を表示する

1) J. C. Guyon and R. M. Matulis, "Photometric Determination of Antimony as the Reduced Antimonomolybdophosphate Species", Chem. Anal., 196756, 22. 
2) R. Pribil and V. Vesely, "Determination of Rare Earths in the Presence of Phosphate", Chem. Anal., 196756, 23. 
3) J. Kinnunen and B. Wennerstrand, "Rapid Determination of the Rare Earths in Phosphate Rock", Chem. Anal.196756, 24. 
4) J. Kinnunen and O. Lindsjo, "Determination of Rare Earths in Phosphate Rock by Atomic Absorption Flame Photometry", Chem. Anal.196756, 25. 
5) W. A. Norvell, "Comparison of Chelating Agents as Extractants for Metals in Diverse Soil Materials", Soil Sci. Soc. Am. J., 1984, 48, 1285.

取扱条件

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください