04 細胞内蛍光プローブ

Coelenterazine-WS

Coelenterazine-WS

カルシウムの発光検出試薬

  • 製品コード
    C397  Coelenterazine-WS
  • 化学名
    Coelenterazine beta-Cyclodextrin complex
容 量 本体価格
1 mg ¥14,700

性質

セレンテラジンを発光部分として持つ発光タンパク質エクオリンは、カルシウムイオンと特異的に結合して発光するため、細胞内カルシウムイオンの発光分析法として広く用いられている。しかしながら、セレンテラジンは中性のpH領域にいて水溶性が低く、またそれ自身脂溶性が高いため細胞表面への吸着がみられるなど、細胞系で使用する場合に幾つかの問題点があった。Coelenterazine-WSは、セレンテラジンに包接化合物を添加して水溶性としたもので、中性領域における水溶性が飛躍的に向上し、そのため種々のバッファー溶液にも容易に溶解することができる。更に、細胞への導入が容易になることにより、エクオリンの発光性能を増加することができる1)

【注意】
本品は、通常、チューブ底面にフィルム状に付着した状態となっております。
稀に、輸送中の振動等により本品がチューブ底面から外れ、チューブ壁面やキャップ裏に付着している場合がございます。
内容物を下に落としてから開封をしてご使用ください。
ご不明な点がございましたら、小社カスタマーリレーション部までお問合せください。(Free Dial:0120-489-548)

 

マニュアル

はじめての抗体標識プロトコル

死細胞数を測りたい(吸光測定)

Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST を用いた細胞毒性試験の例を紹介

お役立ち情報

参考文献

参考文献を表示する

1) K. Teranishi and O. Shimomura, "Solubilizing Coelenterazine in Water with Hydroxypropyl-β-cyclodextrin", Biosci. Biotech. Biochem., 1997, 61, 1219 .

取扱条件

規格
性状: 本品は、微黄褐色~黄褐色固体で水及びメタノールに溶ける。
りん酸緩衝液溶状: 試験適合
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件
1.保存方法:冷凍,遮光

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください