20 機能性有機材料

5-Amido-1-pentanethiol

5-Amido-1-pentanethiol

Self Assembled Monolayer(SAM)研究用試薬

  • 製品コード
    A508  5-Amido-1-pentanethiol
  • CAS番号
    80389-37-3
  • 化学名
    6-Mercaptohexanamide
  • 分子式・分子量
    C6H13NOS=147.24
容 量 本体価格
10 mg ¥14,800
100 mg ¥51,000

性質

<Amido type>
アミド基を導入したSAMは、他の官能基を導入したSAMと比較して、その水素結合性の効果により熱安定性が高いことが報告されている1)
また、Mosleyらは、水素結合性を利用した脱離可能なポリマーシート作製の研究を行い、テンプレートとしてアミド基を導入したSAMを用いている2)
さらに、ぬれ性とタンパク質吸着の関係性の研究にアミド基を導入したSAMが用いられており、アミド基を有するSAMはタンパク質との相互作用が弱いことが確認されている3,4)
アルキル鎖長はSAMsの安定性や、基板の導電性に影響を与える。小社ではC5~C10のアルキル鎖長の誘導体を揃えているので、用途に合わせて選択いただきたい。
 

マニュアル

はじめての抗体標識プロトコル

死細胞数を測りたい(吸光測定)

Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST を用いた細胞毒性試験の例を紹介

お役立ち情報

技術情報

溶解例

10 mmol/L以上(Methyl alcohol, Ethyl alcohol, Chloroform, Acetonitrile, Water)
 

参考文献

参考文献を表示する

1) R. Valiokas, M. Ostblom, S. Svedhem, S. C. T. Svensson and B. Liedberg, "Thermal Stability of Self-Assembled Monolayers:  Influence of Lateral Hydrogen Bonding", J. Phys. Chem. B, 2002, 106(40), 10401.
2) D. W. Mosley, M. A. Sellmyer, Erin J. Daida and J. M. Jacobson, "Polymerization of Diacetylenes by Hydrogen Bond Templated Adlayer Formation", J. Am. Chem. Soc., 2003, 125, 10532.
3) G. B. Sigal, M. Mrksich and G. M. Whitesides, "Effect of Surface Wettability on the Adsorption of Proteins and Detergents", J. Am. Chem. Soc., 1998, 120(14), 3464.
4) A. Sethuraman, M. Han, R. S. Kane and G. Belfort, "Effect of Surface Wettability on the Adhesion of Proteins", Langmuir, 2004, 20(18), 7779.

取扱条件

規格
性状: 本品は、白色~微黄色結晶性粉末である。
純度(HPLC): 98.0% 以上
NMRスペクトル: 試験適合
取扱条件
1.保存方法:冷蔵, 2.窒素置換

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください