08 ラベル化剤

ABD-F

ABD-F

HPLC用誘導体化試薬

  • 製品コード
    A016  ABD-F
  • CAS番号
    91366-65-3
  • 化学名
    4-Fluoro-7-sulfamoylbenzofurazan
  • 分子式・分子量
    C6H4FN3O3S=217.18
容 量 本体価格 富士フイルム
和光純薬
50 mg ¥22,000 341-05441
100 mg ¥35,000 347-05443

性質

ABD-FはHPLC用誘導体化試薬として今井らにより開発されたチオール化合物の蛍光ラベル化剤である。チオール類とpH8.0で50℃にて5分以内に反応する。生成物は酸性で蛍光性を示すが、蛍光強度はpH依存性があり pH2で最高となる。この条件ではAlanine, Proline, Cystineとは反応しない。
 また、チオール化合物の分析試薬であるSBD-Fに比べてラベル化の速度は30倍以上も速い。
 プレラベル化したABD-チオール化合物のHPLC分析による検出限界(S/N=3)は Cysteine, Glutathione, N-Acetylcysteine, Cysteamineでそれぞれ 0.6, 0.4, 1.9, 0.5 pmolである。

応用例
・試薬
 ABD-F
 EDTA・2Na
 0.1 mol/L ホウ酸緩衝液 (pH8.0)
 0.1 mol/L HCl

・誘導化条件
 <試薬の調製>
 ABD-F(1 mmol/L)溶液(-20℃冷凍保存)
 本品2.2 mgを0.1 mol/Lホウ酸緩衝液(pH 8.0)に溶解し10 mLとする。
 <誘導化>
 1)一定量のサンプルを 2 mmol/LのEDTA・2Na を含む 0.1 mol/L ホウ酸緩衝液(pH8.0)に溶解する。
 2)その0.5 mLを反応バイアルにとり、これに ABD-F 溶液を0.5 mL添加する。
 3)密封して攪拌し 50℃、5分間加熱後、氷水で冷却する。
 4)冷却後、0.1 mol/L HClを0.3 ml加える。
 5)HPLC分析

技術情報

溶解例

10 mg/mL(アセトニトリル)

参考文献

参考文献を表示する

1) T. Toyo'oka and K. Imai, "New Fluorogenic Reagent Having Halogenobenzofurazan Structure for Thiols: 4-(Aminosulfonyl)-7-fluoro-2,1,3-benzoxadiazole", Anal. Chem., 1984, 56, 2461.
2) T. Toyo'oka and K. Imai, "Isolation and Characterization of Cysteine-Containing Regions of Proteins Using 4-(Aminosulfonyl)-7-fluoro-2,1,3-benzoxadiazole and High-Performance Liquid Chromatography", Anal. Chem., 1985, 57, 1931.
3) T. Toyo'oka, H. Miyano and K. Imai, "Amino Acid Composition Analysis of Minute Amounts of Cysteine-containing Proteins Using 4-(Aminosulfonyl)-7-fluoro-2,1,3-benzoxadiazole and 4-fluoro-7-nitro-2,1,3-benzoxadiazole in Combination with HPLC", Biomed. Chromatogr., 1986, 1, 15.
4) T. Toyo'oka, S. Uchiyama and Y. Saito, "Simultaneous Determination of Thiols and Disulfides by High-performance Liquid Chromatography with Fluorescence Detection", Anal. Chim. Acta, 1988, 205, 29.
5) 今井一洋, "生命機能の分子認識と補足の高精密化に関する分析化学的研究", 薬学雑誌, 2003, 123, 901.
6)Y. Luo, Y. Zhou and B. S. Cooperman, "Antichymotrypasin Interaction with Chymotrypsin", J. Biol., Chem., 1999, 274(25), 17733.

取扱条件

規格
性状: 本品は、白色~微黄色結晶性粉末でアセトニトリルに溶ける。
純度(HPLC): 99.0% 以上
アセトニトリル溶状: 試験適合
モル吸光係数: 4,500 以上(315 nm付近)
融点: 140~149℃
IRスペクトル: 試験適合
取扱条件
1.保存方法:冷凍,遮光, 2.吸湿注意

製品分類一覧

分類一覧から探す

お探しの検索ワードを入力してください